記事

第1四半期シンガポールGDPは上方改定、18年予測も引き上げ

[シンガポール 24日 ロイター] - シンガポール通産省が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は季節調整済みで前期比年率1.7%増だった。先月発表された速報値(1.4%増)から上方改定となった。

2017年第4・四半期(2.1%増)からは伸びが鈍化した。

第1・四半期GDPは前年比では4.4%増で、こちらも速報値(4.3%増)から上方改定された。

製造業が堅調だったほか、サービス部門の小幅上方改定が寄与した。

ロイターのアナリスト調査では、前期比1.4%増、前年比4.3%増が予想されていた。

通産省はまた、2018年のGDP伸び率見通しを2.5─3.5%とし、これまでの1.5─3.5%から修正した。

OCBC銀行のチーフエコノミスト、セリーナ・リング氏はこれについて「通産省が先行きにやや自信を抱いていることを示している」とし、 シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)による4月の金融引き締めとも一致するとの見方を示した。

シンガポールの2017年のGDP伸び率は3.6%で、3年ぶりとなる高成長を記録した。

通産省は、米国の保護主義政策や世界的な金利上昇などのリスクがシンガポールの成長見通しを不透明にしているとの見解をあらためて示した。

ただ、アナリストは、こうしたリスクにもかかわらず、底堅い経済成長を背景にMASが年内に再び金融政策を引き締める可能性は依然としてあると指摘。

ノムラのエコノミスト、ブライアン・タン氏は「成長率が引き続き緩やかに上向くか、あるいは現状を維持すれば、対外面でネガティブな出来事がない限り、10月に一段の金融正常化が行われる可能性が非常に高い」との見方を示した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  8. 8

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。