記事

犯罪者には「GPS装置」を埋め込むべきか〜更正につながらなければ意味がない〜

愛媛県の「塀のない刑務所」から受刑者が逃走した事件を受け、法務省が受刑者にGPS端末の装着を検討している。GPS装置は逃走時の身柄確保には効果を発揮するだろう。だが受刑者の自尊心を傷付けることがあれば、更正は遠のいてしまうではないか。逃走を防ぎつつ更正を早めるには、なにが必要なのか――。

画像を見る
造船会社「新来島どっく」大西工場敷地内にある収容施設「友愛寮」(愛媛・今治市)(写真=時事通信フォト)

「人間関係が嫌になったから」と脱走

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から脱走した27歳の受刑者の平尾龍磨容疑者が、4月30日に逮捕された。脱走から23日目だった。逮捕場所は警察が重点的に捜索していた尾道市の向島ではなく、JR広島駅近くの路上だった。

向島の空き家で食料をあさりながら逃亡生活を続け、着替えをポリ袋に入れて向島から海を泳いで本州まで渡って逃げていた。

警察の捜索網をかいくぐった平尾容疑者のサバイバルには感心させられるが、脱走・逮捕劇の中で沙鴎一歩が関心を持ったのが、平尾容疑者の「刑務所での人間関係が嫌になった」という供述だ。

平尾容疑者が脱走した大井造船作業場は、塀のない開放的な環境で職業訓練や自立生活をしながら社会への復帰を促す理念で運営されている刑務所だ。傍目には通常の刑務所に比べて自由で過ごしやすいと思うのだが、平尾容疑者にとっては脱走したくなるぐらいの“重荷”だったことになる。

今回の脱走・逮捕劇に対し、新聞各紙の社説は受刑者が人間関係に疲れる刑務所についてどんな論調を展開しているのだろうか。

模範囚の中でも“エリート”的存在だった

平尾容疑者はその後の広島県警の取り調べに対し「他の受刑者から嫌がらせを受けた」「刑務官に受刑者間のリーダーにさせてもらえなかった」とも供述し、隠れていた向島北部の別荘からは「刑務官にいじめられた」と不満を書いたメモも見つかった。

松山刑務所によると、平尾容疑者は模範囚を収容する大井造船作業場で早期の仮釈放を望んでいたが、3月と4月に規則違反を刑務官に叱責され、落ち込んだ様子だったという。

彼は2015年に松山刑務所に収容され、昨年12月に大井造船作業場に入った。精神状態が安定し、作業場に入る基準を満たしていた。作業場では作業手順が評価され、刑務官の注意事項を伝える安全対策委員に選ばれた。模範囚の中でさらに模範的な“エリート”とだった。

この作業場には独自の自治制度があり、複数の委員を指導役にして毎日のようにミーティングが開かれていた。

ここで持論を述べさせていただきたい。

自治制度は受刑者の間に上下関係を生じさせることになる。一般社会では当然だが、未熟さから社会で罪を犯し、刑務所という特殊な集団のなかに入れられた受刑者にとって上下関係は大きなストレスになるだろう。

それゆえ平尾容疑者は「人間関係が嫌になった」と供述したのだ。平尾容疑者は見かけは模範的な囚人だったが、彼の内面の人間性は未熟なのだろう。

平尾容疑者は受刑者だという自覚に欠けているし、甘えている。仮に平尾容疑が刑を終えて出所しても、再び戻ってくる可能性が高い。開放的施設に入れるべき受刑者ではなかったのだ。

約30年で今回も含め6件7人の逃走事件が起きた

最初に5月2日付の毎日新聞の社説を取り上げよう。毎日社説はその中盤で大井造船作業場を次のように紹介する。

「大井造船作業場は1961年に開所した、いわゆる『塀のない刑務所』として知られる」
「ここにいる受刑者は模範囚に限られる。民間造船所の敷地内の寮で共同生活し、昼間は一般作業員と一緒に溶接などの労働に取り組む」
「実社会に近い集団生活の中で協調性や自立心を養い、スムーズな社会復帰を促すという狙いがある。こうした開放的施設は全国に四つある」

こう書いたうえで毎日社説は「大井作業場では、平成に入ってからの約30年で今回も含め6件7人の逃走事件が起きた。監視のどこに盲点があったか、再発防止の徹底が必要なことは言うまでもない」と主張する。

「再発防止の徹底」は毎日社説に指摘されるまでもない。沙鴎一歩がこの毎日社説を評価するのは、次のくだりがあるからだ。

再犯率は6.4%で、全国平均の約40%より低い

毎日社説は「だからといって『塀のない刑務所』の取り組みそのものを否定的に捉えるのは行きすぎだろう」と書き、「法務省によると大井作業場を出所し再び刑務所に入った受刑者の割合は過去10年間で6.4%にとどまる。模範囚が多いとはいえ全国平均の約4割よりかなり低く、上川陽子法相も『再犯防止に大きな意義がある』と評価してきた」と大井造船作業場を評価する。

さらに平尾容疑者の逃走の動機について「『刑務所での人間関係が嫌になった』と供述しているという。刑務官に2度ほど規則違反を叱責されて悩んでいたとの情報もある」ときちんと説明している。

大井作業場以外では、平成に入って逃走事件が起きていない

そのうえで毎日社説は「大井作業場以外の開放的3施設では、平成に入って逃走事件が起きていない。運営方法に問題がなかったか、背景の調査にこそ重点を置くべきではないか」と主張する。

事故や事件が起きた原因を探る場合、その事故や事件を起こした組織や人物の背後まで調査や捜査を行う必要がある。そうしないと、全体像が見えないばかりか、間違った結果を導き出すことにもなりかねないからだ。

今回の逃走事件も同じだ。毎日社説の主張する「運営方法」などの背景にまで突っ込んで調査を重ねていかないと、再発防止には結び付かない。

最後に毎日社説はくぎを刺す。

「法務省が再発防止に向けて設置した委員会では、本人が外せない全地球測位システム(GPS)端末を受刑者に付ける案も出たという。だが、自尊心を過剰に傷つけるような方法は更生の観点からも逆効果だ。施設の目的とは相いれない」

もっともな主張だ。施設の目的は、塀のない開放的な環境下での自立生活を通じて社会復帰を目指すところにある。受刑者の自尊心をいたずらに傷付けるようでは、問題である。

約60年間で20人脱走は「多い」のだろうか

次に5月2日付の読売新聞の社説。後半部分で「脱走者が後を絶たない実態は看過できない。1961年の開設以来、今回で20人目だ」と指摘してこう訴える。

「開放的施設の趣旨は理解できるが、ここまで脱走例が多いとなれば、その理念が台無しになりかねない。監視体制に不備があるとも言わざるを得ない。収容者の選考方法も再検討すべきだ」

約60年間で20人が脱走しているのは「多い」といわれれば、そうかもしれないが、3年で1人の割合である。毎日社説が指摘していたように大井作業場以外の開放的3施設では脱走は起きていない。それゆえ開放的施設の理念に問題があるのではなく、大井作業場に固有の問題点が潜んでいるのだ。

さらに読売社説は「法務省は、顔認証システムを用いた警報装置導入や収容者へのGPS端末装着を進める方針だ。同様の騒動を防ぐためには、やむを得ない措置だと言えよう」と毎日社説と正反対の主張をする。

性悪説に立った考え方なのだろうが、受刑者の人間性を損なうことに対しては慎重になるべきだ。読売社説の主張には違和感を覚える。

大井作業場に固有の問題が潜んでいるのではないか

産経新聞の社説(5月2日付)は終盤で「事件を受けて法務省では、開放施設での監視体制を話し合う検討委員会を設置した。顔認証技術や衛星利用測位システム(GPS)の利用が議論されている。再発防止策は必要である」と言い切る。

読売社説以上に手厳しいが、この後でこうも主張する。

「しかし開放施設では受刑者が社会に近い環境で刑務作業を行うため、スムーズに社会復帰できるとされる。今回の作業場でも、出所した後に再び刑務所に戻る割合は他の施設より大幅に低かった」
「自立を促す作業場の長所までなくしてしまってはならない」

当然な主張だが、GPSに賛成する論調とどこか矛盾していないだろうか。産経社説には開放的施設の長所を生かすにはどうすればよいかまで具体的に論じてほしかった。

それに産経社説は大井作業場にこの施設固有の問題が潜んでいることにも気付いていない。社説を担当する論説委員たちの議論が不十分だったのだろう。

あわせて読みたい

「犯罪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  5. 5

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  6. 6

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  9. 9

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  10. 10

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。