記事

半導体に新たな欠陥、リスクは軽微=マイクロソフトとグーグル

[21日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>とアルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルのサイバーセキュリティー研究者は21日、広範囲の半導体に影響する新たなセキュリティー上の欠陥が見つかったことを明らかにした。

新たに見つかった欠陥は投機的ストアバイパス、あるいは「バリアント4」と呼ばれ、今年1月に見つかった「スペクター」、「メルトダウン」の2件の欠陥に関連したものという。

インテル<INTC.O>やAMD<AMD.O>、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下のARMホールディングスなどの多くの半導体に影響するが、研究者らはスペクターに対応するために配布されたパッチ(修正ソフト)などを理由に、リスクは小さいとの見方を示した。

スペクターやメルトダウンは、コンピューターがユーザーの次の行動を推測しようとする投機的実行と呼ばれるプロセスが原因で生じ、パスワードなど半導体上の情報が読み込まれるリスクがある。

これらの欠陥が1月に見つかった際、研究者らは、スペクターの変異型が今後見つかる可能性が高いと警告していた。

ドイツのコンピューターサイエンス誌「c't」は今月、インテルの半導体で「次世代」の欠陥が見つかったとし、月内にも公表される可能性が高いと報じていた。

インテルは、21日の発表が同誌の報道と関係しているかどうかについてコメントを控えた。

マイクロソフトは調査報告で、1月の欠陥発見を受けて配布されたパッチにより、今回新たに見つかった欠陥を狙った攻撃は著しく困難になったとの見方を示した。

あわせて読みたい

「Microsoft」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  7. 7

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。