記事

「30代になる前に裏方よりに」攻め続けるグラドル倉持由香のキャリア論

1/2
撮影:富田恭透
BLOGOS読者の皆様、こんにちは!尻職人こと倉持由香です。

4月発売の『ヤングアニマル』は見てくださいましたか?表紙&巻頭グラビアをやらせていただいたんですが、まだまだ攻め続けたくて。手ブラはDVDではやらないというポリシーがあるので、写真集や雑誌だけのレアショットです!


グラドルは仕事が増えてくると水着にならなくなるのがよくあるパターンですが、私はまだ頑張りたいなと思っています。ただ、30代になる前に裏方よりにいきたいかなという思いもあって。

表舞台から完全に消える訳ではなくて、プロデュースとか支える仕事の比率を高めにしていきたいですね。

グラビアの年齢制限を突破した、ほしのあきさん

livedoor
そもそも、ほしのあきさんがグラドルの寿命を変えてくださったんですよ。それまで24、5歳でグラドルは引退という風潮だったのが、ほしのあきさんが三十路グラドル、清純派ロリエロ隊長というキャッチフレーズで雑誌やバラエティで大活躍。

ほしのさんの成功で、それ以降のグラドルがアラサーまでグラビア活動をするようになりました。そして、優木まおみさんや壇蜜さんのようなお姉さん系グラドルが増えて、橋本マナミさんが登場して、30歳超えのグラドルも市民権を得ましたよね。それまでは本当に30歳を超えたグラドルはいなかったんで。

それを考えると今26歳で表紙をやらせていただけるのはすごくありがたくて。需要がある限りはやりたいなと思うんですけど。

ただ、求められる露出量は増えていきます。

DVDを3ヶ月ペースで出していく上で、Tバックを解禁したら次の作品は何を穿くの?ってことになりますよね。徐々に徐々に解禁していかなくちゃいけないんです。

「壇蜜さんは脱いでもNHKに出られてるから」という誘い文句で露出を求めてくる大人たちもいるんですけど、「それは違うぞ!」って。みんながみんな壇蜜さんにはなれないんですよ。NHKに出られるのは壇蜜さんのインテリジェンスを感じさせる言動があるからこそであって。

露出ではアダルトの人に勝てないし、安易に脱ぐことを選択するのはちょっと怖いですね。

エロと露出量は比例しない

着ることによって増すエロっていう考え方もあります。#グラドル自画撮り部でも、ただのビキニショットよりパンチラとか、肌面積は少ないけどエロいっていう着衣エロスの方がリツイートもファボ数も伸びる傾向にあるんですよ。

10代や20代前半の健康的なビキニショットは「弾ける若さ、水を弾く肌!あらいいですね~~」ってなるんですが、アラサーになってのニコパチビキニは「お、おう……」って気持ちになってくるんですよね。

アラサーだからこそ醸し出せる、着衣エロスの退廃的な雰囲気や色気を表現できるよう頑張らないと、と思ってます。

アンケートは超重要!!

ヤングアニマルのグラビアでは、旅行先で大胆な彼女、ベッドの上で乱れるカット…からの「アンケート書いてね」っていうポエムを載せてもらいました。

普通のグラビアポエムだと「キミの瞳に恋してしまいそう」とか書かれるところに「アンケート書いてね」(笑)。こんなグラビアはたぶん初だと思います。

先月も書きましたが、雑誌のアンケートって本当に大事なんですよ。

去年、週プレの表紙が叶ったことで、ヤングアニマル、ヤングキングの表紙が続いて、週刊現代のグラビアにも出させていただきました。他にも週刊誌のグラビアが決まっているところがあるんですが、2周目をまわれている感じが嬉しいですね。

この「2周目」がどれだけ続くかどうかはみなさんのアンケートにかかっているんです。2周目、3周目と続いていくためにはアンケートが本当に大切で。

1周目は「とりあえずやってみよう」と編集者の方もオファーを出してくれることが多いんですけど、評判が悪いと本当に2度と声がかからないんですよ。シビアなんです。

だからこの子いいな、もう1回見たいなって思ったらアンケートをお願いします!

自分でアンケート書いて、自分のチェキプレゼントに応募すると当たったりするんですよ。そうすると「応募者少なかったのかな…」ってめちゃくちゃ不安になります。

自分の表紙を推しまくる倉持由香さん
今回のヤングアニマルさんのアンケートがここにあるんですけど、「一番目に面白かったもの」のところには「表紙」と記入しましょう(笑)。

表紙、袋とじグラビア、付録って私の要素だけでも3つ項目があるんですけど、一番大事にして欲しいのは表紙です。その次が袋とじグラビアで、3番目が付録。

プレゼントも応募が多かった方がいいですね。みんなで応募して取り合いになって、ネットでプレミアが付いて欲しい。少なくとも私には当たらないようにしてください(笑)。

このあとガチで送りました
みなさんの一票が大事です。「俺の一通くらい書かなくてもいいだろう」って人もいると思いますけど、みんなが想像する以上にアンケート出してくれる人は少ないんです。だから1通の重みがすごくて。

ネットでもアンケートを送れる時代なのに、わざわざハガキで応募してくれる応援には愛を感じますね。今回も色々な方が書いてくださって。昔からのファンの方もそうだし、同業であるグラドルの子が「がんばってください!」って送ってくれるのは本当に嬉しいですね。

あわせて読みたい

「グラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  6. 6

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  7. 7

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。