記事

なぜ中国は民主化より"皇帝"を求めるのか

1/2

習近平国家主席の権力基盤が強化され、中国共産党の独裁色がますます強まる中国。自由市場が発展しているにもかかわらず、なぜ人々は「新皇帝・習近平」を歓迎するのか。中国の事情に詳しい石平氏は、「中国では、いかに皇帝の暴政に苦しんでも、その後には次の皇帝が誕生してきた。習近平という新皇帝が生まれたのは、歴史的な背景からすれば当然」と言う。中国が民主化ではなく「皇帝」を求めてしまう「構造」とは――。

※本稿は、石平『なぜ中国は民主化したくてもできないのか』(KADOKAWA)の内容を再編集したものです。

中国の近代とは「新皇帝」をつくり出すプロセスだった

2017年10月の党大会から今年3月の全人代にかけて、国家主席の任期制限を撤廃し、自らの「思想」を党の規約と憲法にまで盛り込んだ習近平は、「朕は憲法なり、朕は国家なり」というほど絶対的な独裁者としての地位を確立し、実質的な「新皇帝」となった。これから彼が行うだろう、中華帝国の「皇帝=天子」としての中華秩序の再建は、日本にとっては危険極まりないものである。

画像を見る
写真=iStock.com/AlxeyPnferov

しかし冷静に考えてみれば、この民主化と逆行するような変化は、実に不思議なものだ。民主主義の価値観やIT技術が世界全体を席巻している現在において、なぜ中国では再び「新皇帝」が登場し、独裁政治が大手を振ってまかり通るのだろうか。一見すると時代錯誤のようにも思えるが、実は中国にとってこうした考え方は、非常に「合理的」なのである。

中国史上、初めて皇帝となったのは紀元前3世紀の秦の始皇帝だが、1912年に辛亥(しんがい)革命という名の近代革命が起きた結果、清朝最後の皇帝である宣統帝が退位し、「皇帝」という称号が廃された。しかし、それは決して中国における「皇帝政治」の終焉を意味しなかった。

清朝皇帝の退位からわずか37年後の1949年、毛沢東が天下をとって一党独裁の共産党政権を樹立し、事実上の「赤い皇帝」となって中国に君臨した。つまり中国の「近代革命」の成果は、清王朝という一王朝の終焉であっても、皇帝政治そのものの終わりではなかったである。辛亥革命とそれ以後の中国近代史は、毛沢東という「新皇帝」をつくり出し、皇帝政治を復活させていくプロセスであると捉えれば、中国の近代史がまったく違ったものに見えてくる。

一度は「脱皇帝政治」へ進むように見えたが……

そして1976年に毛沢東が死去したあと、まさにその独裁政治がもたらした弊害に対する反省から、鄧小平改革が始まった。鄧小平は、経済の市場化・自由化を進め、同時に集団的指導体制や指導者定年制の導入などを中心とした政治改革を導入した。その結果、中国の政治体制は共産党一党独裁を堅持しながらも、「脱個人独裁」「脱皇帝政治」への方向へと進んでいくように思えた。

しかし江沢民、胡錦濤政権をへて、2012年11月に習近平政権が誕生してからわずか数年のあいだ、鄧小平による政治改革の成果は、いとも簡単に葬り去られ、独裁体制が急速に復活した。毛沢東の死去から42年目にして、中国では再び「皇帝」の称号こそもたないが、新しい皇帝が登場した、といってもかまわないだろう。

繰り返すように、辛亥革命から始まった中国の近代史は、秦の始皇帝以来の皇帝政治の伝統を受け継いで「新皇帝」をつくり出すための「近代」であった、と捉えるほうがより自然だ。どうやら中国という国は、いつまでたっても皇帝政治から脱出できないようである。しかし、それはなぜだろうか。中国という国はなぜこの21世紀においても、「皇帝」という名の独裁者をつくり出さずにはいられないのだろうか。

中国史上に登場した皇帝は600人以上

拙著『なぜ中国は民主化したくてもできないのか』(KADOKAWA)は、まさにこうした問題意識から、中国における「皇帝政治」の謎に迫った1冊である。その謎を解くカギはもちろん、秦の始皇帝以来の「皇帝政治」の歴史そのものにある。

[画像をブログで見る]

前述したように、中国における皇帝政治の伝統は、紀元前221年に秦の始皇帝が中国大陸を統一し、史上初の大帝国を創建したときから始まる。それ以前の中国史は、殷(いん)朝と周朝という2つの封建王朝のもと、いわば統一王朝の時代から春秋戦国の分裂の時代へと変遷したが、その時点では中国に「皇帝」は存在せず、皇帝を頂点とした中央集権の独裁体制も誕生していなかった。

殷朝と周朝の最高統治者は「王」と呼ばれ、「王」のもとには数多くの諸侯がいて、全国を分割統治していた。こうした政治体制は「封建制」と呼ばれ、日本の江戸時代の幕藩体制も似たようなシステムをとっていた。

そして、日本の幕藩体制が戦国時代の戦乱が収束してから確立されたのと同様に、中国でも春秋戦国の戦乱の時代をへて、天下が統一された。統一を果たした秦国の王であるエイ政(えいせい)は、それまでの封建制を廃止して中央集権の独裁体制を創建。同時に「王」の称号も廃止して、中央集権制の頂点に立つ絶対なる独裁者の新しい称号として「皇帝」を採用したのである。エイ政は自らを「始皇帝」と称した。

エイ政が始皇帝になってから前述した清朝の宣統帝の退位まで、中国史上に登場した皇帝は600人近くにも上る。その統治下で数多くの王朝が入れ替わり、二千数百年間の皇帝政治の歴史を演じてきたわけである。

あわせて読みたい

「習近平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  5. 5

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  6. 6

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  9. 9

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。