記事

「ただの水」はどう表記すればいいのだろうか?

1/2

最近コンビニでよく見かける「色の付いてない飲み物」。
高齢者や外国人などが、通常の水と間違えて購入するなど、混乱することがあるという。(*1)
記事中では「糖分を制限されている人」や「アレルギーを持つ子供」の話も出ている。
確かに、気にならない人は気にならない話なのかもしれないが、気にする人にとっては、命に関わる可能性があり、単なる笑い話で片付けるべき問題ではないだろう。

現状に至るには、2つの流れがある。
1つはナチュラルミネラルウォーターブランドのバリエーションとしてのフレーバー添加である。
ナチュラルミネラルウォーターのバリエーションとして砂糖入りのフレーバーを出してきてヒットさせたのは「いろはす」シリーズ(*2)であると記憶している。

かつて、華原朋美による「ヒューヒュー」のCMとともに一世を風靡した「桃の天然水」というものはあったが、この桃の天然水は「ミネラルウォーター」としては認識されていなかったように思う。

しかし「いろはす」シリーズは、ベースとなる商品がミネラルウォーターであるために、そのフレーバー付きの商品もミネラルウォーターとして認識されがちである。しかし実際には甘味料などが含まれる清涼飲料水だ。

いろはすの成分表を見ると、味なしのいろはす天然水は「品名:ナチュラルミネラルウォーター」と書かれている。一方で味付きのいろはす天然水は「品名:清涼飲料水」となっており、原材料名の筆頭として「ナチュラルミネラルウォーター」が記載されている。

書かれている場所こそ違えど、そのどちらも最初の方に「ナチュラルミネラルウォーター」と記されていることから、食品品質表示の基本的な知識がなければ、どちらも「ミネラルウォーターではないか」勘違いする人がいるのは、仕方がないと思う。

実際僕も、血液検査をする前についフレーバーウォーターを買ってしまい、飲む前に糖分が入っていることに気づいたという経験がある。

フレーバーウォーターに糖分が含まれている事があるという話は、糖尿病などで糖分を制限しなければいけない生活をしなければいけない人以外は、あまり気づいていない事実では無いだろうか。

もう1つの流れが、本来であれば色がついている飲料の透明化ブームである。 このブームを産んだのはサントリーが「天然水」シリーズとして発売された透明なレモンティー「プレミアムモーニングティー」(*3)だろう。

ニュースリリースには商品開発にあたって「フレーバーウォーターは見た目がジュースっぽく、デスクに置くには子供っぽい」という理由があったと記されており、社内の会議などにも違和感なく置ける紅茶のペットボトルとして売り出された。

そしてこの透明化ブームを見た他社も黙ってはおらず、次々に透明な製品を売り出しに来ている。アサヒ飲料は「おいしい水 天然水」シリーズの1つとして「クリアラテ」(*4)を発売した。これは透明でありながら、コーヒーとたっぷりの牛乳をつかった「アイスラテ」の味を目指した商品である。この商品には乳成分が含まれることから、アレルゲン表示がされている。

さらにサントリーはノンアルコールビールの「オールフリー」シリーズとして、透明なノンアルコールビール「オールタイム」(*5)を発売する予定である。

普通の水である「ナチュラルミネラルウォーター」と、糖分が添加された「フレーバーウォーター」。そして「透明化された飲料」である紅茶やコーヒーにアルコール。透明であれど、性質は違うものなのだから、コンビニやスーパーの店に並ぶときに適切に棚分けされていれば迷うことは無いように思う。

しかし、筆者の近くのコンビニの棚では、品名(名称)上の「ナチュラルミネラルウォーター」(いろはす)と「清涼飲料水」(いろはすフレーバーウォーター、クリアラテ)と「紅茶飲料」(プレミアムモーニングティー)が全く同じ「透明な飲料グループ」にまとめられて販売されていた。

いろはすと、いろはすのフレーバーウォーターが並ぶのは仕方ないにしても、紅茶は紅茶の棚、コーヒーはコーヒーの棚が離れた場所にあるにも関わらずあるにもかかわらず、水と一緒のカテゴリとして陳列されているのである。

まさかこれから発売されるノンアルコールビール(オールタイム)が同じ棚に並ぶことはないだろうと思いつつも、紅茶やコーヒーも一緒にされているのだから、一緒に並んでもおかしくないなと邪推してしまうには十分な状況である。

こうした状況で、急激な変化についていけない人が「ただの水はどれ?」と迷ってしまうのは当然であると言えよう。

あわせて読みたい

「飲料業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  5. 5

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  6. 6

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    キオスク消滅? Amazon超小型店舗

    後藤文俊

  8. 8

    橋下氏 大阪府議の報酬0円に意欲

    橋下徹

  9. 9

    「宝くじは賭博ではない」に疑問

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。