記事

無所属の会の岡田さんには、当分、出番がないようですね

岡田さんは相変わらず旧民主党議員の大同団結、旧民主党の復活を主張されているようだが、旧民主党の復活はなくなった、というのが私の見立てである。

国民民主党と立憲民主党は、日を追うごとに別の路線を歩むことになる。

旧民進党から立憲民主党に移籍する地方議員が相変わらず増えているようだから、立憲民主党の基盤が少しづつ強化されていることは否定できない。

立憲民主党にとっては歓迎すべきことだろうが、立憲民主党と国民民主党、無所属の会の大同団結を志向されている方々にとっては必ずしも歓迎できないはずである。

立憲民主党の基盤が強化されればされるほど、国民民主党との間の溝は深まる。
もはや立憲民主党と国民民主党が一つになる、ということは考えられないはずだ。

岡田さんは、いつまでピエロを続けられるのだろうか。

岡田さんの呼び掛けに心を動かされるような人は、立憲民主党にも国民民主党にももはや一人もいないと言っていいだろう。
お気の毒ながら・・。

あわせて読みたい

「岡田克也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  3. 3

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  8. 8

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  9. 9

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

  10. 10

    女性皇族認めない承継儀式に疑問

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。