記事

IRでも与党のなりふり構わない姿勢

今日、与党は、与党案のギャンブル依存症対策法案について強行に審議入りを決めました。

本来のスジであれば、政府のIR実施法案と一緒に議論すべきもの。それギャンブル依存症対策法案だけ先に議論するというのは、「依存」しないようにするギャンブルを確定する前に対策法を整備するというもので順序が逆です。

なぜこんなことをするか。それはIR実施法案を議論する際の、公明党のハードルを下げようというものではないか。すなわち極めて内向きなもの。

国会終盤。ここでも与党のなりふり構わない動きが出始めました。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  2. 2

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  3. 3

    よしのり氏 都の外出自粛を批判

    小林よしのり

  4. 4

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  5. 5

    感染者分析 オヤジは夜街出るな?

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    音喜多氏 小池知事の会見は有益

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    麻生氏 通貨スワップ韓国に問題

    ロイター

  8. 8

    映画に学べ 今見るべき感染作3選

    松田健次

  9. 9

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。