記事

ヘンリー王子の挙式計画 費用総額47億円の90%は警備費

image
(写真:アフロ)

「メーガン・マークルさんとヘンリー王子は、5月19日の結婚式に向け、2人で食事制限中だそうです。というのも、英国王室伝統のウエディングドレスは、ウエストラインのデザインが細い。7年前にウィリアム王子と結婚したキャサリン妃も、式の直前、拒食症になったのではないかと噂も出たほどダイエットに励んでいました」

そう語るのは、ロンドン在住の国際ジャーナリスト・木村正人さんだ。イギリス王室のヘンリー王子(33)と、アメリカ人女優メーガン・マークル(36)のロイヤルウエディングに全世界の注目が集まるなか、いったいどんな式が用意されているのか、“先取り情報”を木村さんが教えてくれた。

■ウエディングドレスは1,500万円相当!

「婚約写真のときにメーガンさんが着ていたドレスは、イギリスのブランド『ラルフ&ルッソ』のオートクチュールで。約835万円でした。結婚式当日も同じブランドで、ビーズを施したドレスを着るとされ、価格は1,500万円といわれています」(木村さん・以下同)

しかしイギリス王室には、一度世間にリークしてしまったドレスは、取りやめになるという伝統もあるが……。

■挙式費用47億円の90%は警備費!

「ロンドンのプランニング会社が、ロイヤルウエディングの総費用は47億円と試算していますが、費用のうちほとんどが新郎新婦、王室メンバー、招待客、見物人の安全を守るための警備費用に充てられます。さらにドローンを飛ばす人も見越して、これを撃墜する『カウンタードローン』に約1億5,000万円かけています」

では、残りの10%のお金の使い道とは何なのだろうか。

「敷地内に大勢の招待客を迎えるため、レセプション用のガラス製特設テントが約4,500万円かけて設営されるそうです。さらに、招待客用に520万円かけて豪華仮設トイレを40基設置するそうですよ!」

ほかにも、イギリス国防省の楽隊が演奏する銀製トランペット20本が約1,300万円、カリフォルニア出身のパティシエが作るケーキが約740万円、礼拝堂や特設会場を飾る生花が約1,600万円。そして付添人の衣装などなど、出費は多岐にわたる。

■オバマ前大統領が招待されるはずだった

「挙式には、オバマ前アメリカ大統領夫妻を式に招く案もありましたが、イギリスのテリーザ・メイ政権から反対されたとされています。そのメイ首相も招待はされていません。政治とは距離を置くという王室の方針でしょう」

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。