記事
  • S-MAX

新しい音楽配信サービス「YouTube Music」を発表!Google Play Musicを統合し、YouTube Redは「YouTube Music Premium」と動画配信サービス「YouTube Premium」に刷新

画像を見る

YouTube Redが「YouTube Music Premium」と「YouTube Premium」にリニューアル!

Google傘下のYouTubeは16日(現地時間)、動画投稿・配信サービス「YouTube」における新たな音楽配信サービス「YouTube Music」( https://music.youtube.com/coming-soon )を発表しています。まずはアメリカやオーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、韓国で2018年5月22日(火)に提供開始されます。

また今後数週間でオーストリアやカナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ノルウェー、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国でも提供されるとのこと。

また海外ではこれまで提供していた有料会員サービス「YouTube Red」( https://www.youtube.com/red )は音楽配信サービス「YouTube Music Premium」と音楽・動画配信サービス「YouTube Premium」に刷新されます。

利用料はYouTube Musicは音楽配信サービス「Spotify」のように広告表示ありで無料で利用でき、一方の有料のYouTube Music Premiumは月額9.99ドル(約1,100円)、YouTube Premiumは月額11.99ドル(約1,300円)となり、現在、月額9.99ドルで利用しているYouTube Redや「Google Play Music」の利用者はそのままYouTube Music Premiumを利用できます。

なお、現時点ではこれらのサービスが日本で提供されるか明らかにされていませんが、CNETではYouTube Music PremiumがすでにGoogle Play Musicの機能を備えているため、Googleが将来的にGoogle Play Musicをなくす計画であるとしているため、タイミングを見てスタートするのではないかと期待されます。



YouTube Musicは、YouTubeにおける有料会員サービスとして提供していた音楽配信サービスとGoogle Play Musicの機能を統合した新しい音楽配信サービスです。Spotifyのように広告を聞いたり、見たりすることで無料で音楽再生とミュージックビデオ視聴ができます。

利用はAndroidやiPhoneなどのiOS向けアプリのほか、パソコン(PC)などでも利用可能で、アプリではバックグラウンド再生もできるとのこと。また有料で広告をなく使えるのがYouTube Music Premiumとなります。どちらもGoogle Play Musicのように持っている楽曲をオンラインストレージ上に保存することもできます。

さらにYouTube Redでは音楽以外に映画やドラマなどの動画も視聴できましたが、音楽以外の動画については新たなサブスクリプション型サービス「YouTube Premium」としてリニューアルされ、YouTube Music Premiumの機能に加え、より充実したオリジナル作品やGoogleアシスタントによる楽曲・動画検索などが利用できるということです。

なお、YouTube Redを利用している人はYouTube Premiumがスタートしてから現在の月額9.99ドルのままYouTube Premiumを利用できるとし、これからYouTube Redに加入する場合でも同様で、YouTube Premiumがスタートするまでに加入すれば月額9.99ドルでYouTube Premiumが利用できるようになるとしています。



記事執筆:memn0ck


あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    インフル診断書要求に医師が警告

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  3. 3

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  4. 4

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  5. 5

    「子連れで式典出席はNG」に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    橋下氏 韓国の反論潰す証拠示せ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    国民党の大勝負 小沢氏が復活か

    早川忠孝

  8. 8

    SUBARU 16日夜から国内生産停止

    ロイター

  9. 9

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  10. 10

    竹中平蔵批判で退学勧告は理不尽

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。