記事

EU裁判所、ネオニコチノイド系農薬の一部使用禁止を支持

[ルクセンブルク 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)の一般裁判所は17日、ネオニコチノイド系農薬3種の一部使用禁止を支持する判決を下した。

今回の判決の対象となる農薬は、独医薬品・化学大手バイエル<BAYGn.DE>が開発した「イミダクロプリド」、武田薬品工業<4502.T>とバイエルが開発した「クロチアニジン」、スイスの農業大手シンジェンタ<SYNN.S>の「チアメトキサム」。

裁判所は、EUの「予防原則」に基づけば、人間の健康や環境を害するリスクについて科学的不確実性がある場合、EUは明らかな害が生じるまで待つ必要はなく、対策を講じることができるとの見方を示した。

ただ、欧州委員会が使用禁止による影響について適切な評価を実施していなかったとし、独化学大手BASF<BASFn.DE>の「フィプロニル」など異なる区分の農薬に関する使用制限は無効にするとした。

ミツバチ保護を目的とする2013年の使用制限では、ネオニコチノイド系農薬はトウモロコシや菜種、穀物などに使用することができないが、甜菜などの作物に対しては引き続き使用可能となっている。

欧州委員会は農薬の乱用によってミツバチが減少しているため、制限見直しを決定した。

EU加盟国の大半は先月、ネオニコチノイド系農薬の屋外での使用をすべて禁止し、温室内での使用に限定する提案を支持した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  3. 3

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  4. 4

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  5. 5

    ネギで風邪予防?医師がNHKに指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    ルノーが統合要請 日産のお荷物

    舛添要一

  7. 7

    三浦瑠麗氏 米主導の秩序終わる

    文春オンライン

  8. 8

    中国の苦境 ソ連破綻と似た境遇

    ヒロ

  9. 9

    たけし ざんまいと前澤氏は同じ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    日本海呼称 国連文書で確認済み

    城内実

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。