記事

英、2021年以降もEU関税同盟への残留目指す方針を表明へ=新聞

[ロンドン 16日 ロイター] - 英紙テレグラフは16日、英政府が欧州連合(EU)離脱の移行期間の終わる2021年以降もEU関税同盟に残留する用意があるとEU側に伝える見通しだと報じた。

英国は、数カ月以内にEUと離脱協定で合意する場合、来年3月にEUを離脱した後も2020年末まではEUとの通商関係を継続できる移行期間の導入が認められる。

テレグラフ紙によると、メイ政権の閣僚は15日、アイルランドと英領北アイルランドの国境問題を巡り、英政府が提案する国境管理に必要な技術が2021年までに準備できない場合、関税同盟への残留を目指すことで合意した。2023年まで準備が整わない可能性を指摘する当局者もいるという。

メイ首相の報道官は同紙報道へのコメントを差し控えた。首相は6月のEU首脳会議までに離脱後の計画を明らかにしたい考え。

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    ネギで風邪予防?医師がNHKに指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    ルノーが統合要請 日産のお荷物

    舛添要一

  7. 7

    たけし ざんまいと前澤氏は同じ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    元おニャン子新田 NGT騒動で助言

    NEWSポストセブン

  9. 9

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。