記事

寄り付きの日経平均は反発、米株高・円安が支援

[東京 17日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比103円39銭高の2万2820円62銭となり、反発して始まった。

前日の米株高や為替の円安基調が相場を支援している。もっとも、米金利上昇や地政学リスクへの警戒感はくすぶっており、上値も限られるとみられている。足元では手掛かりに乏しいことから、為替動向をにらんだ展開が見込まれる。

業種別には、銀行が上昇率トップ。ガラス・土石、水産・農林、精密機器などがこれに続く。一方、下落率トップは海運で、これに倉庫・運輸、電気・ガス、不動産などが続いている。

市場関係者によると、寄り前の板状況は、外需関連株はトヨタ自動車<7203.T>、ソニー<6758.T>、パナソニック<6752.T>は売り優勢、ホンダ<7267.T>、キヤノン<7751.T>は買い優勢。

指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.T>、ファナック<6954.T>は買い優勢。

メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が売り優勢となっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    ネギで風邪予防?医師がNHKに指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    ルノーが統合要請 日産のお荷物

    舛添要一

  7. 7

    たけし ざんまいと前澤氏は同じ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    元おニャン子新田 NGT騒動で助言

    NEWSポストセブン

  9. 9

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。