記事

寒波到来を祈る天然ガスの投機家たち

先日、正確に言えば1月12日、「天然ガス--ここが大底だ???」という題でブログを書いた。例として挙げたのは、天然ガスに投資をしている上場投信United States Natural Gas Fund (UNG)だ。12日の終値は5ドル90セント、そして現在の価格は5ドル38セントだから、更に約9%の下落となったわけだ。今朝のブログで、マーク・ペリー氏(ミシガン大教授)は、こんなチャートを掲載している。

リンク先を見る
チャート: mjperry.blogspot.com

米国内における10月の天然ガス生産量が史上最高に達した。
リンク先を見る
チャート: mjperry.blogspot.com (先物市場における、2000年1月から2012年1月までの天然ガス価格)

史上最高の天然ガス生産量、比較的暖かな今年の冬などが原因となって、天然ガス価格の下げが続いている。
上のチャートで見るかぎり、現在の天然ガス価格はサポートレベルのテスト中だから、位置的には買い手が現れても不思議ではない。言い換えれば、現在の価格は天井に近いか、それとも底に近いかと質問されれば、ほとんどの回答は後者になることだろう。ケビン・カー氏(kerrtrade.com)は、こう書いている。

天然ガスは、2008年の高値から70%を超える下落となり、商品市場の中で最も成績が悪い商品の一つだ。今年の冬はそれほど寒くないから、天然ガスの需要は減り、在庫量も平均以上に増えている。しかし短期的に見た場合、天然ガスは反発ラリーを展開する可能性がある。
なぜ反発ラリーが期待できるのだろうか。カー氏の説明を極めて簡単に要約すると、天然ガスは超売られ過ぎであること、そして冬はまだ終わっていないという二点になる。

ご存知のように、天然ガスを空売っている人たちは、空売りポジションを買い戻すことで利益を上げることができる。売り手も同じチャートを見ているわけだから、現在の価格がサポートレベルに近いことは知っている。それから、もし寒波到来の予報が出ようものなら、これが買い戻しの良い理由になることだろう。もちろん、天然ガスの長期トレンドは下げ方向だから、反発ラリーはカー氏の言うように短期的なものになる可能性が高い。

(参照した記事:Natural Gas Updates; Here Come's Super-Fracking
Cook up Some Gains with These 4 Natural Gas Plays

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。