記事

小池知事の前向きな「変節」。東京都が都道府県初となる「LGBT条例」制定へ

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

LGBT条例制定へ 19年4月全面施行 相談窓口を設置
https://mainichi.jp/articles/20180512/ddm/041/010/138000c

こちらも先週金曜日の定例記者会見で発表されたニュースですが、小池知事が都道府県では初となる「LGBT」条例を制定することを発表しました。

画像を見る
知事記者会見資料より抜粋)

まだ仮ですが、条例の名称は「東京都オリンピック憲章でうたわれる人権尊重の理念実現のための条例」。

こうした差別解消・人権尊重の条例案をつくる意向は、すでに都議会の答弁の中でも表明しておりましたが、ここまで「LGBT」をメインに考えていたことは率直に予想外でした。

画像を見る

様々な人権の中の1つとして「LGBT」を入れるのかなと思いきや、LGBTがもっとも重要な柱の1つとして持ってきています。

ここまで踏み込んだことになぜ私が驚いたかというと、小池知事は知事選から就任後しばらくまでは確実に、LGBT政策に対して消極的だったからです。

画像を見る
小池ゆりこ都知事選2016より抜粋)

都知事選公約の「ダイバーシティ」項目では、性別や年令、障害の有無には言及しても、見事なまでにLGBTについては触れることを避けています。

本件については、私自身も小池知事に対して「時代の流れは確実に来ている。ダイバーシティの象徴として、LGBT施策を掲げるべき」と直接お話したことがありますが、

「色々な意見を聞いて決めていきたい」

という慎重姿勢を崩しませんでした。

また知事周辺は、

「小池支持層には保守的な人が多い。LGBTに言及すれば、その票が逃げる」

と断言する人もおり、保守政治家として長いキャリアを持つ小池知事の難しい立場が伺い知れる状態でした。

そんな小池知事が、良い意味で「変節」してLGBT施策重視に舵を切った大きな理由の1つには、都民ファーストの会の躍進があると思います。

都民ファーストの会の中にLGBT当事者こそいませんが、熱心にこの課題に取り組んで来られた都議が複数おられます。

これまで都議会に極めて少なかった女性議員や若手議員も増え、セクシャルマイノリティに対する理解や関心の高い議員たちの存在が、小池知事に良い意味で影響を与えたのではないでしょうか。

理念条例とはいえ、都道府県初となるLGBT条例が成立すれば、受動喫煙防止と並んで小池知事&都民ファーストの会の大きな功績になると思います。

君子豹変す。政治家が変節するのは、必ずしも悪いことばかりではないという好例です。

具体的な条例案の中身を注視しつつ、私のこの問題に前期から取り組んできた議員の一人として、条例制定の流れはしっかりと後押ししていく所存です。

それでは、また明日。


私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

リンク先を見る

画像を見る

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

リンク先を見る
twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  3. 3

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  6. 6

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  7. 7

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  8. 8

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  9. 9

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

  10. 10

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。