記事

グーグル、軍用ドローンへのAI提供に抗議し一斉退社

画像を見る

グーグルのサンダー・ピチャイCEO

米グーグルで14日、同社が2月末に発表した米国防総省の軍事事業「プロジェクトメイブン」へのAI技術提供に抗議し社員約12人が退社、さらに約4000人の社員が国防総省との契約を破棄するよう証明した嘆願書を会社に提出したことが分かった。米専門サイトであるギズモードの報道によると、社員らは退社理由として、社員への説明責任を十分に果たさない経営幹部の不透明な姿勢と社員の反対意見に耳を傾けない姿勢などを挙げているという。(オルタナ編集部=小松 遥香)

この動きが明らかになったのは先月初旬。4月初旬には、すでに上席エンジニアを含むグーグル社員3100人が「プロジェクトメイブン」への参画に抗議し、同社のサンダー・ピチャイCEOに嘆願書を出している。

社員は嘆願書で、同事業への参画を直ちに取り止め、グーグルとその契約者は軍事技術の構築に寄与しないとする方針を掲げるよう要求。同書面には「プロジェクトメイブン」への参画は、グーグルブランドを壊滅的に毀損することになるとの懸念も記されている。

「プロジェクトメイブン」は、軍用ドローンで撮影した画像の解析スピードを上げることを目的にしている。グーグルの広報部は、軍事利用の可能性を否定しているものの、同社がAI技術を提供するのは無償で公開されるオープンソースソフトウェア。そのため、国防総省が軍事利用することも可能で、無人偵察機による攻撃にも転用される可能性があると見られている。

無人偵察機による攻撃は、命の重さが適切に認識されないなどの倫理的な問題があるだけでなく、無人偵察機を操作する兵士が無数の殺人に対して無感覚になることでPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症するなどの問題も起きている。今回、退社を決めた一部の社員も「戦場での殺人という非人道的行為は、アルゴリズムではなく人間が責任を負うべきだ」と、倫理的な問題を退社理由に挙げていると報じられている。

グーグルは元々、社員の声を積極的に取り入れる企業文化を持ち、経営や製品、方針に関して社員が自由に意見を言える社内ネットワークの仕組みもある。しかし退社する社員らは、以前のグーグルに比べ、経営幹部が社員の声を聞き入れない姿勢に失望したと明かしている。

グーグルの「プロジェクトメイブン」への参画に反対する動きは、社内に留まらない。技術労働者連合(the Tech Workers Coalition)は4月、グーグルに「プロジェクトメイブン」に参画しないよう抗議するとともに、IBMやアマゾンなどが今後、国防総省と協働しないよう要求している。

5月14日には、AIやコンピューターサイエンス、倫理などの分野の学者90人以上が公開書簡を発表し、グーグルに「プロジェクトメイブン」からの撤退を求め、AIが自ら標的を判断する自律型致死兵器システム(LAWS)を禁止する国際法を支援するよう求めている。そのうちの一人、英ランカスター大学社会学部でサイエンス・テクノロジーの人類学を教えるルーシー・サッチマン教授は、「グーグルが『プロジェクトメイブン』に参画することで、完全自律型致死兵器の技術発展を加速させることになるだろう」と警鐘を鳴らしている。

グーグル幹部らは「プロジェクトメイブン」への参画について従業員への説明も行い、ディベートや議論の時間も設けてきたが、今回の一斉退社を避けることはできなかった。今後のグーグルの対応と各ステークホルダーの動きが注目される。

小松 遥香 (こまつ・はるか)

株式会社オルタナ オルタナ編集部 
アメリカ、スペインで紛争解決・開発学を学ぶ。サステナブル・ブランド ジャパン(SB-J)担当。趣味は、大相撲観戦と美味しいものを食べること。

「オルタナ」は2007年に創刊したソーシャル・イノベーション・マガジン。主な取材対象は、企業の環境・CSR/CSV活動、第一次産業、自然エネルギー、ESG(環境・社会・ガバナンス)領域、ダイバーシティ、障がい者雇用、LGBTなど。編集長は森 摂(元日本経済新聞ロサンゼルス支局長)。季刊誌を全国の書店で発売するほか、オルタナ・オンライン、オルタナS(若者とソーシャルを結ぶウェブサイト)、CSRtoday(CSR担当者向けCSRサイト)などのウェブサイトを運営。サステナブル・ブランドジャパンのコンテンツ制作を行う。このほかCSR部員塾、CSR検定を運営。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。