記事

無期懲役で服役中の「日野不倫殺人事件」北村有紀恵受刑者に面会した

1/2

逮捕を報じた新聞記事(1994年2月7日付毎日新聞)

2018年5月9日、無期懲役で服役中の「日野不倫殺人事件」北村有紀恵受刑者に面会した。事件は1993年に起きたものだ。彼女が不倫相手の男性に裏切られ、家に放火して、幼い子ども2人を焼死させることになった。ベストセラーになった「八日目の蝉」のモデルとなった事件としても知られている。

彼女は自分の罪を当初から認めていたが、子どもたちに対する殺意を認定されたことに納得せず、子どもたちを殺害する意図はなかったとして最高裁まで争った。しかし殺意を認定した無期懲役の1審判決はそのまま確定し、服役して16年、逮捕されてからもう24年も獄中生活を送っている。

この事件と北村受刑者については、1年前にヤフーニュースに記事を書いた。事件の経緯などはそちらを参照していただきたい。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20170707-00073039/
「日野不倫殺人事件」北村有紀恵受刑者をめぐる24年目の新展開

そのもととなった月刊『創』2017年8月号に掲載した記事も全文を下記に公開している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00010000-tsukuru-soci&p=1

有紀恵さんは刑が確定する前に『創』に手記を書いており、私は彼女がまだ東京拘置所にいた時代に何度か面会していた。しかし、刑務所に移ってからは今回が初めてだ。手紙のやりとりはずっとしていたので実は以前、面会を申し込んだこともあるのだが、刑務所側に不許可とされた。以前は家族と弁護人以外の「知人」にも面会を認めていた時期もあり、彼女が入信したキリスト教関係者なども面会していたのだが、今は厳しくなって「知人」は基本的に面会が認められていない。

だから今回、私の面会が認められたことはひとつの意味を持っているといえる。そのことについてここに書いてみたい。

昨年ヤフーニュースに書いた記事に「24年目の新展開」とタイトルをつけた「新展開」の意味とは、彼女に古畑恒雄さんという強力な弁護士が就き、仮釈放へ向けて具体的な動きが始まったということだった。現在、無期懲役受刑者の仮釈放は30年過ぎないと難しいと言われている。以前は20年だったのだが、重罰化の流れの中で2005年に有期刑の最長期が30年に引き上げられたのを機に30年になった。

この10年の違いの意味は実はかなり大きい。一定年齢を超えて犯罪を犯した者は刑務所で一生を終えるケースが増えたし、仮釈放されても身寄りはいないケースが増えた。

無期懲役受刑者の仮釈放というのは、人間は罪を償い更生することが可能だという考え方に基づいているのだが、その趣旨が現実には生かされないことになってしまったのだった。ちなみに有紀恵さんは逮捕されてからは24年になるのだが、最高裁まで争ったために刑務所の服役期間は16年。30年までにはあと14年もある。80代後半の高齢の両親を含め、仮釈放となっても14年後には帰る家もなくなっている可能性がある。

両親のもとへ帰りたいという思いが断たれてしまえば、それをめざして生きる希望もなくなってしまう。罪を償うことは生きる希望があってこそだし、古畑弁護士ともその点で意見が一致した。日弁連も、無期懲役受刑者の仮釈放については現状を変えることに取り組みを行いつつある。私もそのためにできることをやってみようと思ったのが、昨年記事を書いたきっかけだった。制度を変え、現実を動かすというのが大変なことであるのはわかっているが、一歩ずつでもその取り組みをしない限り、永遠に現実は変わらない。

実はその刑務所とは、以前、これも『創』に手記を書いていた放火事件の「くまぇり」が服役していたところだった。「くまぇり」には何度も面会し、ヤフーニュースにその報告も書いた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20150710-00047417/
連続放火事件で服役中のくまぇりに8年ぶりに面会した

だから有紀恵さんにも面会可能だと思って以前試みたのだが、予想外の不許可だった。やはり有期刑と無期懲役では刑務所の認識が違うらしい。何が一番の違いかと言うと、私は「仮釈放後についての相談」という理由で面会を申請するのだが、その「仮釈放」の具体性・現実性が、有期刑と無期懲役では違うということなのだろう。

あわせて読みたい

「犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  2. 2

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  3. 3

    NGT事件 女性の主張を茶化す日本

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

  5. 5

    韓国軍の謝罪を許可しない文政権

    AbemaTIMES

  6. 6

    NGT事件 秋元康氏の責任追及せよ

    渡邉裕二

  7. 7

    日本軽視の韓国を大国が見放す日

    MAG2 NEWS

  8. 8

    たけしの労働持論に若者が反論

    キャリコネニュース

  9. 9

    志らく 純烈・友井の引退に疑問

    キャリコネニュース

  10. 10

    SPAヤレる認定 笑い飛ばせぬ恐怖

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。