記事

ドライバーの「睡眠不足」は本当にチェックできるのか?

1/2

■ある小学校の教室での1シーン(フィクション)

教師「最近はバスやトラックの交通事故のニュースをよく見かけるようになりましたが、皆さんは、どうすれば、交通事故が無くなると思いますか?」

生徒A「…はい!(手を挙げる)」

教師「はい、A君、なにか良い答えが浮かんだかな?」

生徒A「運転手が睡眠不足かどうかを確かめればいいと思います。」

生徒B「睡眠不足かどうかなんてどうやって調べるんだよ?」

(教室内一同笑)

教師「こらこら、みんな、A君を笑ってはいけません…クスクス…」

生徒B「先生も笑ってるじゃん」

(教室内一同爆笑)

■「睡眠不足者には運転させてはいけない」の是非

 なぜこんな話を冒頭に書いたのかというと、実際にこれと同じような答えが発表されたからに他ならない。

 バスやトラックの交通事故が目立つという理由から、国土交通省は、バスやトラックの運転手に来月(6月)から新たな規制(義務化)を設けることになった。その義務化とは「睡眠不足者には運転させてはいけない」というもので、ドライバーを雇用している事業者は、乗務前に「睡眠不足」の確認をしなければいけないということになった。

 この報道を聞いて、さすがに面食らった人が多かったのか、疑問視する声が圧倒的…と言うか、賛同している人がほぼ皆無という状況になっている。

 睡眠不足が居眠り運転の原因になるというのは確かにその通りなのだが、睡眠時間というものは相対的なものであり、誰も彼もが同じ睡眠時間を取れば居眠りしないというわけではない。世の中には、ショートスリーパーの人もいれば、ロングスリーパーの人もいるので、何時間眠れば疲れが取れるかも千差万別だ。

 睡眠の「質」というものもあるし、前日の仕事量や精神的なストレス、果ては、食事の量や栄養のバランスによっても疲労回復時間は変わってくるので、一概に寝不足状態を規定することはできない。

 充分な睡眠(8時間睡眠)を取れば絶対に交通事故を起こさないのか?と言えば、そんな保証はどこにもないし、誰にもできない。交通事故は万全の体調であったとしても運によっても左右される場合がある。こんなことは、実際に車の運転をしたことのある人であれば、誰でも解ることだと思う。

あわせて読みたい

「運輸業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。