記事

副業を中高年のセカンドキャリア準備に活用しよう - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

 政府が副業を後押しする時代になりました 。厚生労働省が今年1月に従来の方針を変更し、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、モデル就業規則の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定を削除し、「原則的に副業を認めるべきだ」としたのです。

[画像をブログで見る]

 競合他社との副業が問題外であること、企業の持つ情報やノウハウの流出が許されないこと、等は当然ですし、せっかく働き方改革を推進しているのに、副業によって働きすぎるサラリーマンが増えてしまうことがないように各自が気をつけるべきことも当然でしょう。しかし、そうしたことが守れるのであれば、副業を一概に否定することはなさそうです。

 たしかに企業としては、働き盛りの若手社員には副業より自己研鑽に励んでもらいたいでしょうし、油の乗り切った中堅社員には本業に専念してもらいたいでしょう。また、彼らが副業先で気に入られて転職してしまうリスクなども、気になるはずです。

 したがって、政府の方針にもかかわらず、若手や中堅社員の副業はあまり進まないでしょう。規則上はともかく、副業すれば会社に睨まれると知っても副業をするサラリーマンは多くないはずだからです。せいぜい、「本業の繁閑が大きい仕事の場合に、単純労働的なアルバイトを認める」、といった程度の会社が多いのではないでしょうか。

 しかし、中高年は話が別です。出世の階段を順調に登って役員を目指している人は副業などしないでしょうが、それ以外の人にとっては時間的な余裕も出来、老後資金への備えに力が入る年齢となり、しかもセカンドキャリアが意識されて来ます。

 人生100年時代を迎えて、定年後再雇用といっても限度がありますから、「元気な間は働こう」と考える中高年サラリーマンにとっては、セカンドキャリアを考える時期となります。そうした時に、副業で様々な可能性を試してみる事ができるのは、大変有難いことでしょう。

 定年後再雇用が終了してからセカンドキャリアを始める人もいるでしょうが、定年を機に定年後再雇用を断ってセカンドキャリアに進む人や、役職定年を機にセカンドキャリアに進む人も多いでしょう。そうした人が増えることは、企業としてもありがたいはずです。準備が順調ならば、定年や役職定年を待たずにセカンドキャリアに進んでもらえるかもしれません。それならさらにありがたいでしょう。そうであれば、その前から副業で準備をしておいてもらうことは企業にとっても悪い話ではありません。 

 日本企業は、終身雇用で年功序列ですから、定年を延長して70歳まで雇い続けるのは、金銭面で大いに負担です。そこで、定年後再雇用をするわけですが、再雇用された人はあまりハッピーでない場合も多いと聞きます。所得が大幅に下がる上に、昔の部下に仕えるケースもあり、お互いに大変やりにくい、ということもあるようです。

 「仕事があり、社会保険に加入できるだけありがたいと思え」と言われればその通りなのでしょうが、活躍の場が与えられないのであれば、社外に飛び出して活躍の場を探す方が幸せだ、という場合も多いでしょう。本人にとってのみならず、会社にとってもそうかもしれません。「会社は家族」であるから会社は社員の老後の幸せを祈るものだ、ということもありますから。

 そして何より、日本経済にとって、素晴らしいことです。社内で活躍の場が少なくなった人々がセカンドキャリアで活躍することは、日本経済全体にとって、少子高齢化で乏しくなっていく人的資源を有効に活用していける、ということですから。

会社が副業探しを支援する

 企業によっては積極的に中高年の副業を推奨し、その代わりに賃金カーブをフラット化する、ということも可能かもしれません。年功序列で賃金が上がっていくのは若手と中堅だけにして、それ以降は給料は増えないけれども副業で稼げるように応援する、というわけです。

 たとえば経理部の中高年社員が、経理のプロを探している中小企業でアルバイトをし、気に入ってもらえたらそのまま転職してもらう、といったことを会社が仲介しても良いでしょう。あるいは副業紹介ビジネスと会社が契約して、社員の副業探しを支援しても良いでしょう。

 将来は夫婦で喫茶店や居酒屋をやりたい、という夢があるのならば、いきなり喫茶店を経営するのはリスクが高すぎますから、喫茶店等でアルバイトをしながらノウハウを蓄積し、自信が付いてから開店する、という方がはるかに安全でしょう。あえて余談を記せば、筆者としては、開業資金のために退職金をすべて注ぎ込むようなセカンドキャリアは、失敗した場合の老後があまりに不安なので、あまりお勧めしませんが、そのあたりは個々人のご判断があるでしょうから、筆者が口を出すことではないでしょう。

 老後は物書きになりたい、という夢があるのであれば、ブログを作っても良いでしょう。ブログが人気が出れば、広告を掲載して広告料を稼いでも良いですし、著名ブロガーとして、出版や講演依頼等々、様々な収益機会が舞い込んでくるかもしれません。現役世代が物書きで食べていくのは大変ですが、老後資金にそれほど不安がなく、老後の「ボケ防止を兼ねた小遣い稼ぎ」と割り切れば、知的で刺激的な老後を楽しむことができるかもしれません。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  6. 6

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  7. 7

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。