記事

声優ファン、舞台俳優など、GW前後の炎上4件 - 網尾歩(コラムニスト)

 9連休だった人もそうでなかった人も、GW中いかがお過ごしでしたでしょうか。GW前後の炎上4件をまとめました。

[画像をブログで見る]

声優が使った便座を撮影し炎上

 県知事がコメントを出す事態にまで発展してしまったのがこちら。

 徳島県徳島市で開かれたアニメイベントで、出演した女性声優を見かけて男性ファンが同じ飲食店に入店。その後、声優がトイレから出てきたタイミングでトイレに入った。さらに、便座を撮影し、「○○さんがさっき座ったトイレにきたw」「○○さんのお尻を触ってる気分になってる」(○○は声優の名前)とツイートした。男性は自ら入店の経緯などをすべてツイートしていた。

 一連のツイートについて、男性に批判が殺到。男性は当初、「便座に触ったくらいでゴチャゴチャ言うな」などと言い返していたが、その後アカウントを削除した。

 このイベントは市内の公園や商店街なども参加会場に含まれ、県外からの参加者も多い町おこし要素の高いもの。イベントのHPに、運営者らと連名で県知事が「大変残念」「皆様には節度ある行動をお願い致します」などのコメントを載せた。

 男女共用トイレに女性の後に続いて入り便器を撮影する行為は、財務大臣風に言えば「便座撮影罪はない」のかもしれないが、顰蹙を買う行為であることは間違いない。男性本人も、声優に知られればまずいことはわかっていたようで「(声優が)エゴサしているようには見えなかったよ」(※エゴサ=エゴサーチ)ともつぶやいていた。

 アニメや声優のファンからも「こういうマナー違反があると声優と距離の近いイベントはなくなる」といった批判のほか、「アニオタがキモがられる原因になるからやめてほしい」「声優ファンの一部ではどれだけキモいことを言えるかのチキンレースで盛り上がる風潮はどうなのか」(ツイート内容を要約)といった苦言も見られた

 過去にはツイート内容や更新頻度から生理周期の分析や自宅室内の推測をするなど、卑猥な内容のリプライを送られ続け、ツイッターを休止した声優もいる。内輪で盛り上がるファンは楽しいのだろうが、傍目には女性が公開セクハラを受けているようにしか見えない。

舞台俳優、過去の人種差別・女性蔑視ツイート発覚で国際的炎上

 女性ファンの多い舞台で活躍する20代前半の舞台俳優が、5年ほど前の高校在学中と思われるころにツイートしていた内容を発見され、炎上した。まだ人気のなかった当時から同じアカウントを使い続けていたこと、本人のツイート数がそれほど多くないことから、過去のツイートを遡るのは難しくなかったと思われる。

 発掘されているツイートは数多く、その内容は「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」「腐女子だけは気持ち悪いから死んで良いよ」「ぶっ殺してぇキモオタ共」など。また、表現が下劣すぎて紹介できないが、某有名テーマパークでの性行為や、電車内での女性への迷惑行為を推測させる内容、妊婦や生理用品への執着を感じさせるツイートも繰り返され、人気商売である芸能人がつぶやく内容とは思えないものばかり。

 さらに、「韓国人ビンタしたんでお金下さい」「韓国人と中国人は見下してる」といった人種差別も。この俳優が活躍する舞台は国外にも女性ファンが多く、ツイートを翻訳した海外ファンからも批判の声が上がった。

 俳優は批判するファンをブロックし、これまでコメントを出していないが、舞台降板を望む声も多い。中には「若かったころのことだから」と擁護の声もあるが、ツイッター上のファンには広く知れ渡ってしまったと見られる。

 声優ファンの炎上と同じく、内輪ノリで「毒舌」や「下ネタ」を楽しんでいるつもりだったのだろうが、代償は大きい。若気の至りとはいえ、何が彼を、そこまで異様なツイートに駆り立てたのだろう。

有名コピーライターの「人間以上の倫理観」に物議

 4月30日、某有名コピーライターが発したツイートが物議を醸した。内容は、「『人間以上の倫理感』が、いま人間に要求されているのではないか。いま人に要求されている『正しさ』は、ほとんどの歴史的宗教よりも厳しいのではなかろうか」。

 前後のツイートとのつながりはなく、その後の本人の説明もないため、何についての言及かは不明だが、時期的に山口達也の強制わいせつ事件や、元財務事務次官のセクハラ問題顛末などを意味しているのではないかと推測されている。

 GW中に武田鉄矢が山口の事件について「昨今、世の中の透明度がよくなるのはいいけど、世間の空気に栄養がない」「あまりにもみんな、清潔なものを求めすぎている」と発言したことと意味が近いと並べるツイートも散見する。

 本人の言及がない以上、何を念頭に置いてのツイートなのかはわからないが、倫理観は人類の進化とともに磨かれていくものと考えれば、どの時代の宗教よりも正しさを求めているというのは、正解なのかもしれない。ただ、それは否定的に語られることなのだろうか。

 もちろん、自分の感覚をフォロワーにふわっと共有したかっただけなのだろうから、ツッコミも野暮かとは思う。何についてのツイートかの説明がないのに、「そう思います」「その通りです」と追従できるフォロワーたちは、とても敬虔な信者に見えた。

「#今度は福島がTOKIOを応援する番だ」に賛否

 TOKIOの連帯謝罪会見を見た人たちから生まれたハッシュタグ。復興のためにTOKIOが尽くしてくれた恩返しに、TOKIOの窮地を救いたい気持ちの表れなのだろう。

 長くなったので少しだけ。TOKIOを応援する人の中で好意的に大拡散されている一方で、案の定、ハッシュタグを使った被害者バッシングも行われている。

このハッシュタグについて感想を求められたときに非常に慎重な言葉選びを迫られ、困るのはTOKIOなのではないか。被災地に送られ持て余される千羽鶴を見る気持ちになる。

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  7. 7

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  8. 8

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  9. 9

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。