記事

パリで通行人襲撃事件、射殺された容疑者はチェチェン出身

[パリ 13日 ロイター] - フランス・パリのオペラ座付近で12日夜、男が刃物で通行人を次々に襲う事件が発生し、刺された男性1人が死亡、4人が負傷した。容疑者は警察に射殺された。

男は襲撃の際、アラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたという。

当局によると、容疑者はチェチェン共和国生まれの21歳でフランス国籍を取得していた。警察は両親や友人への聴取を進めている。

政府報道官によると、男は2016年からテロ対策当局の監視対象になっていた。

この襲撃について、過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出したが、証拠は示していない。政府報道官は、犯行声明が本物かどうかの確認はできていないとしている。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  8. 8

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。