記事

具体構想がしょぼい 東浩紀『一般意志2.0』

1/2

東浩紀『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル』


 「オルタ」という雑誌で東浩紀の「民主主義2.0」について書いたことがある(2009年11-12月号「メディアから時代を読む #9」)。

 そのときまだ茫洋としていた問題について、ぼくは批判や疑問を書き連ねたが、定義づけや具体案をふくめ、これらのぼやけていたものは東の近著『一般意思2.0』で一定の輪郭を与えられることになった。

 先にぼく流にざっくりと中身をまとめてみよう。
  1. ルソーの「一般意志」は、あるアルゴリズムにしたがって生まれてくるグーグルのページランクみたいなもので、人々の無意識のデータベース*1から抽出されてくる数学的な結論のようなものである。
  2. しかしそのような一般意志は大衆の欲望の集積であり(グーグル型民主主義)、それで政治を運営するのは危険。専門家や政治家たちの熟議(ミクシィ型民主主義)と相補的に用いるべき。民主主義2.0(=ツイッター型民主主義=グーグル型民主主義+ミクシィ型民主主義)。
  3. 具体的には、議会・審議会など熟議の場に、ニコ生(ニコニコ生放送)みたいにコメントやそれを数値化・グラフ化したものを流して、熟議にプレッシャーを与え抑制する。
  4. そもそも未来社会では、国家はセキュリティ部分(治安+生存的基礎給付)で動物的な生の安全のみを保障する最小のものにとどまり、それ以外の広大な領域は私的領域として市場に委ねられ、国家は口出ししない。国家部分は効率的な資源配分をするだけの、まるで水道のインフラのような、日常あまり関心の向けられぬ、純技術問題領域となる。
 「オルタ」連載でぼくが批判した段階では、東の構想は「グールグ型民主主義」、つまり大衆の無意識・欲望を数学的に秩序立て、それによって社会を設計するものだと思っていたのだが、本書ではそれは「誤解」だとしてしりぞけられ、熟議とセットで相互抑制的に用いられるものなのだ、ということになっている(上記2.の部分)。

拍子抜けする具体構想


リンク先を見る ただ「オルタ」連載でも指摘したのだが、問題のカナメは、それを具体的にどう構想するのか、という部分なのだ。専門的な領域が無数にある現代政治のなかで、熟議のような形では大衆は参加できないから、つぶやきや無意識の欲望を反映させ、しかもそれを熟議に影響を与える形で制度設計をするということが求められるというわけだ。

 この問題意識自体は悪くない。しかしそれをくみだす技術に結実しないと、お話にならないのである。質量はエネルギーに変換できるらしいよ! といってもその技術がなければエネルギーが1カロリーも取り出せないのと同じだ。

 そのカナメを論じているのは上記3.の部分なのだが、まさにここがしょぼい

 本書ではp.175~177、およびp.183あたりにその具体的構想が描かれている。しかし、東は書いていて説得力がないな、と自分でも思ったのだろう。次のように言い訳している。
え、それだけ? ともしかしたら一部の読者は拍子抜けするかもしれない。そんなことはそこらへんの学生でも思いつきそうではないか、そんな平凡な提案のためにここまで大仰な議論を展開してきたのかと。(東p.177)
 その具体構想は3.として要約したが、東の言葉で少し聞いてみよう。
筆者はつぎのような光景を想像している。国会議事堂に大きなスクリーンが用意され、議事の中継映像に対する国民の反応がリアルタイムで集約され、直感的な把握が可能なグラフィックに変換されて表示される。舞台俳優が観客の反応を無視して演技を進められないように、もはや議員はスクリーンを無視して議論を進めることはできない。すぐれた演説には拍手が湧くだろうし、退屈な答弁には野次が飛ぶだろう(ネットワークに投稿された反応の解析の結果が、議員にわかりやすいように拍手や野次に変換されてスクリーンに表示されると考えてみたい)。視聴者は議決には介入できない。だからそれは直接民主主義ではない。議論に参加するのは、あくまでも民意を付託された議員だけである。しかし、視聴者の反応がそこまで可視化された状況で、私利私欲や党利党略で動くのはなかなか勇気がいるはずだ。そこでは、議員は、熟議とデータベースのあいだを綱渡りして結論を導かねばならない。(東p.182)
 東が熟議を否定せず、制度の主要な枠組みを間接民主主義にすることを暗に認め、グーグル型(データベース型)民主主義はあくまで相互補完的に使うだけであるとしてしまったので、ぼくが「オルタ」連載のころに感じていたような、グーグル型民主主義による統治(以前の東の用語でいえば「SNS直接民主制」*2)、すなわちギリシア以来の政治思想をひっくり返すほどの革命性はもはや東の議論からは失われている

 もはやこうなってしまっては、これ自体は国会や地方議会でよく議論されている「議会改革」「議会の情報公開」「市民参加」というテーマの一つにすぎない。しかもそのうちの「ITを使った議会改革」とか「インターネットを利用した議会の情報公開」という、さらに狭い一分野の話になる。

 もちろん、そんなことはくだらないとかどうでもいい話だとか言うつもりはないし、そのタイプの議論自体はすごく意味のあるものだとぼくは思う。ただ、議論の次元はもはやそういう地点に行ってしまったも同然なのだ。

ルソーとかそのあたりはツッコミ禁止なんだってさ


 もともと東は“ルソー解釈としては厳密じゃないなからそこはツッコんでくれるな”と言い訳している(p.250)。ぼくももう、東にはそういうことはもはやまじめに期待していない。つまり東がもち出すルソーとかフロイトとかは本当にそいつらがそう言ったの? とかいうレベルのことなのでマジにつっこんではいけない。ルソーがもち出されているのは、ルソーが現代の民主主義論の源流になってるからで、いわば自分の議論が「議会改革レベル」の話ではない、民主主義の原論・根幹を議論しているんだよ、という「体裁」にすぎない。たしかにルソーによるハクつけがないと、「あ、あの、ニコ生みたいにやったらどうでしょう」という、そのへんの学生みたいな提案が丸裸で残るだけもんね。

 東の議論というのは、下記でも書いたけど、「お、面白いね」といって話の入口になればいいもの、着想次第のもの、あるいは結びつかないような両者を結び付けて一つの「体系」に見せて他人の議論を引き出す役割のものなので、そこに駆り出されたルソーをとりあげて、それについて厳密に概念論争したり学問史検証しても仕方がない・意味がないのである。

 「なんかさ、ルソーの一般意志ってグーグルのページランクの考えに似てね?」――それは本当にルソーの考えなのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。お前、ルソーって言いたいだけちゃうんかと。

 早い話が、学者の居酒屋談義だと思えばいい。「酒を飲んでツッコミを入れていただけ」(東)であり、その自由さ・気軽さ(いい加減さ)が東の「魅力」なのだ。

東浩紀×茂木健一郎「分数も年号も覚える必要ありません」 - 紙屋研究所
「思想地図」創刊記念シンポジウム「国家・暴力・ナショナリズム」を読んで

 したがって、東の口からルソーだろうがマルクスだろうがメルロ・ポンティだろうが本郷猛だろうが北条響だろうが誰が引用されてきても、そこに食いついてもあんまり意味がないというか、「そこは流せ」という程度のものなのである。

 そして、1.と2.の流れからいえばその具体的構想である3.がしょぼいために、4.へと流れていかない。4.のような主張はそれはそれでいいんだが、そのような気宇壮大な構想がなぜ「ニコ生+ツイッター+グーグル的ランキングでの議会中継」程度の制度いじりで生まれてくるのか見えてこない。

 つまり1.がツッコミ禁止で、肝心の2.は3.のしょぼさで台無しになっており、4.には話が流れていかないという具合に、本書はなかなか悲惨な状態になっているのである。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  4. 4

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  7. 7

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。