記事

スーチー氏への失望広がる ロヒンギャ問題

1/2
画像を見る

トップ画像:Kutupalong Refugee Camp, in Bangladesh © UNHCR/Andrew McConnell

大塚智彦(Pan Asia News 記者)

【まとめ】

・国連安全保障理事会の視察団がロヒンギャ族の避難民キャンプを訪問。

・英国連大使ピアース氏、人権侵害事案の捜査を「国際刑事裁判所(ICC)」に委ねる考え示す。

・国軍擁護を続けるミャンマー政府とスーチー顧問への失望広がる。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合にはJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=40012でご覧ください。】

国連安全保障理事会の視察団がミャンマーの少数イスラム教徒ロヒンギャ族の問題に関連して、避難民として逃れているバングラデシュのキャンプや元々居住していたミャンマーのラカイン地方、そして首都ネピドーを訪問した。

画像を見る
▲写真 ロヒンギャ難民キャンプ 出典:OIC Official Instagram

各国国連大使など15人からなる視察団はネピドーでアウンサンスーチー国家顧問兼外相ミンアウンフライン国軍最高司令官と会談し、ロヒンギャ問題で意見を交換したものの「ミャンマー国軍による深刻な人権侵害や民族浄化」を証明しようとする国連側とあくまでテロリストを対象にした軍事作戦であるとするミャンマー側の主張の隔たりは埋まらなかった

画像を見る
▲写真 アウンサンスーチー国家顧問兼外相 出典:photo by Claude TRUONG-NGOC

画像を見る
▲写真 ミンアウンフライン国軍最高司令官 出典:photo by Htoo Lwin

ロヒンギャ問題が2017年8月に大きくクローズアップされて以来、国連による初の大規模視察団をミャンマーが受け入れたものの、ロヒンギャ問題の根本的な解決にはほとんど無力だった。

■ 国境の東西で現状を視察

国連安保理視察団は4月29日にバングラデシュ南東部のコックスバザールにあるロヒンギャ族の収容施設をバングラデシュ政府関係者の案内で視察した。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の調査によると2017年8月にミャンマー国軍によるロヒンギャ族への軍事作戦開始以降、ラカイン州から国境を越えてバングラデシュに逃れたロヒンギャ族は67万1000人に上っている。その多くがコックスバザールとその周辺にある収容施設で不自由な生活環境、厳しい衛生状態、不十分な食糧の中での生活を余儀なくされている。

収容施設を訪れた視察団に対し、ロヒンギャ族の人々からはミャンマー国軍によるレイプ、虐殺、放火などの数々の人権侵害事案に関する訴えが相次いだという。

あわせて読みたい

「アウンサンスーチー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高樹氏 田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  5. 5

    新ふるさと納税で還元率100%も

    NEWSポストセブン

  6. 6

    トランプ氏が羽田に着陸する意義

    天木直人

  7. 7

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  8. 8

    失念で済まない山尾氏の無断渡航

    和田政宗

  9. 9

    内定辞退で来社 採用担当は迷惑

    城繁幸

  10. 10

    フリーで消耗 自転車操業の日々

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。