記事

成長する出会い系アプリ市場 実名サービス登場で認知度上昇


【3人に1人が出会い系アプリを使って恋愛・結婚(写真/アフロ)】

「現在の恋人とつきあって1年4か月になります。それまでの恋愛は長続きしなかったけど、今の彼とはめずらしく長く続いていて、結婚まで意識しています」──幸せいっぱいの表情でこう話すのは、関西地方の商社に勤める田代美保さん(仮名・29才)。AKB48・柏木由紀似の清楚系の美女だ。

 田代さんが見せてくれたのは、5才年上の彼氏の写真。山田孝之似のイケメンで、年収は1500万円だという。

「出会ってからつきあうまで3週間、その間に4~5回のデートを慎重に重ねて“この人しかいない”と思うようになりました」(田代さん)

 ここまで聞くと、いたって普通の恋愛のようだが、ふたりの「なれ初め」を知ると印象が変わるかもしれない。

「先に彼が私の写真を見て『いいね!』を押してくれて、私もそれに『いいね!』で返して連絡を取り合うようになりました。彼は年収、学歴、顔、性格と条件をすべてクリアしていたから、“この人を逃したらもう他はないな”と思ったんです」(田代さん)

 そう、田代さんと彼が出会ったのは、スマートフォンを使った「出会い系アプリ」だった──。

 出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合った20代女性に金品を渡して交際したとして、新潟県の米山隆一前知事(50才)が辞任して半月あまり。東大卒で医師、弁護士の資格を持つ超エリートの現役知事が、出会い系サイトを介して女子大生と“恋愛”していた事実は世間に衝撃を与えた。

「知事がいかがわしいサイトを使うなんて新潟の恥です」(60代女性)
「あの年で出会い系なんて信じられない…」(50代女性)

 地元住人からはいまだこうした辛らつな声が上がるなか、本誌記者が米山氏の実家を訪ねたところ、インターホン越しに女性が一言こう話すのみだった。

「わざわざ来ていただいて申し訳ないですが、コメントは差し控えます」

 米山前知事の一件以来、良くも悪くも注目を集める出会い系。嫌悪の目を向けられながらも確かに現代社会に浸透したこの文化は、どこから発祥し、どのような趨勢を辿ってきたのか。

 30を超える国際版SNSに登録して、世界中から情報を集めるフリーライターの出町柳次さんが解説する。

「出会い系の始まりは1989年に始まった『ダイヤルQ2』です。特定の番号をダイヤルすると女性と会話できるシステムでしたが、援助交際目的や高額の利用料請求などが社会問題となって廃れました。パソコンと携帯電話が普及した1990~2000年代にはネットを介して男女がつながる『出会い系サイト』が流行しましたが、男性会員をつなぎとめるために女性のフリをしてメッセージを送る“サクラ”も目立ちました」

 大きな転換点となったのはSNSの登場だった。

「なかでも2004年に登場したmixiによって“出会う”が“つながる”に変化しました。共通の趣味や関心を持った友達の輪が広がり、そこで知り合った人たちと実際に会うことがめずらしくなくなりました」(出町さん)

 SNSの普及により、出会い系のイメージが変わったと語るのは、超実践派恋愛コンサルタントのSaiさんだ。

「かつての出会い系はアンダーグラウンドなイメージがあり、“モテない男女による、使っていることを大っぴらに言えないサイト”でした。また匿名性が高く、監禁や美人局などのトラブルに巻き込まれることもあり、実際に出会える異性の質も平均点より高くありませんでした。しかしここ5年ほどでフェイスブックなど実名を開示するSNSのアカウントと紐づけることが必須の出会い系が増えたことで透明性が高まり、認知度がアップしました」

 世界最大の交流サイトであるフェイスブックを活用している人は、「リア充」(現実の生活が充実している人)が多い。そうした人が出会い系を使うことで、「モテない男女が集う陰湿な出会い系サイト」が「イキイキした男女が交友関係を広げるためのマッチングアプリ」に変化したのだ。

 スマホの普及で「いつでもどこでもお手軽に」が加速した出会い系アプリの勢いはめざましく、現在273億円の市場規模は2022年までに577億円に拡大するとみられる。

 実際、株式会社マッチングエージェントによる2017年の調査では3人に1人以上が出会い系アプリをきっかけに結婚もしくは恋人ができたという。

※女性セブン2018年5月24日号

あわせて読みたい

「Webサービス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  4. 4

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  5. 5

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  6. 6

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  7. 7

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  8. 8

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  9. 9

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  10. 10

    営業職の約8割「嫌な思いした」誰得営業が発生する現実

    キャリコネニュース

    06月25日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。