記事

トランプ流外交が意味し、日本の政治に欠けていること

1/2
トランプ大統領にとって、外交は国内世論の支持を呼び込むための晴れの舞台のように見えます。北朝鮮から開放された米国人を、早朝にもかかわらず夫妻で迎えたトランプ大統領の満面の笑みは、まさにショータイムがクライマックスに達したことを象徴していました。

ひとりひとりを出迎え、抱擁する演技、金正恩に謝意を述べ、さらに「朝3時のテレビの視聴率としては、歴史上、最高記録を出したと思う」と言及したことは、最初から、視聴率を最大化するために仕組まれたイベントであったこと、いかに政治ショータイムとして練られた演出であったかを明らかにしました。

トランプ大統領にとっては、政治は国民が見ている劇場で演じるショーなのです。なかんずく、米国国民が脅威と感じている北朝鮮の核・ミサイルを北朝鮮に放棄させ、脅威を取り除くばかりか、一歩踏み込んで、半島の安定化をはかれば、最高のシナリオとなってきます。さて、では、いったいこのショーの観客は世界中の人びととしても、誰が感動することを狙い、熱狂的なファンにしたいのでしょうか。

まちがいなく、米国のトランプ大統領のコアな支持層です。おそらくトランプ大統領は金正恩との取り引きには自信をもっており、シンガポールで開催される米朝会談で、さまざまな疑惑を吹き飛ばし、9月の中間選挙での圧勝をもたらす結果を引き出してくるのでしょう。

もしそうなら、ぞっとします。日本の拉致問題を取り上げることは、トランプ大統領のショーとしては、ハードな交渉となる可能性が高い割に、米国民の関心を高めない、つまりショーとしての優先順位が高くなさそうだからです。金正恩委員長が、なぜ拉致問題で日本が直接言ってこないのかと言ったことも、米朝交渉には含めたくないという意志の表れなのかもしれません。

政治のショー化は、ナチスが得意としたことです。当時の若い人たちは、ナチスの思想に共鳴したというよりは、親衛隊の制服、そして親衛隊に加わる高揚感で若い人たちがナチスに加わり、洗脳されていったといわれています。そんなショー化の陣頭指揮を行ったのが宣伝相ゲッペルツでした。

そして、現代は情報化が比較にならないほど進化し、高度化し、複雑化してきています。

トランプ大統領が外交のみならず、政治をショーとしてとらえることができたのは、トランプ大統領がもともと思想や理念でものごとを考えたり、行動する政治家ではなく、現実のなかで、支持者を最大化するためには、誰をターゲットとして、なにを主張することが効果的なのかを考え、行動するビジネスマンだからかもしれません。

トランプ大統領にとって重要なのは、理念や理想ではありません。その証拠に民主党と共和党という理念が異なる政党間でも渡れるのです。重要なのは、国民ひとりひとりのマインドの深層に、トランプ大統領の存在を深く刻みこみ、ファン化していくための政策や発言、行動なのです。

つまり、政治のパラダイムが大きく変わります。

なにが正しいかではなく、なにが人びとの心をつかめるのかが鍵になってきます。それはビジネスの世界での「ブランディング」そのものです。政治もブランディングが重要な時代になってきています。ブランドとしての価値を高めること、そのための装置や舞台、またシナリオの質こそが問われている時代だということではないでしょうか。

55年体制が終わるとともに、政治のなかでは従来の「保守」「革新」という思想の枠組みが意味を失い、むしろ政治に問われてきているのは、課題解決力と、信頼性の高さです。

そう考えると、日本の政治は周回遅れのように思えます。

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  4. 4

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  5. 5

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  6. 6

    三一運動100年 韓国が反日利用か

    篠田 英朗

  7. 7

    いつまで働く? 定年65歳時代到来

    ヒロ

  8. 8

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  10. 10

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。