記事

アメリカ イラン核合意離脱表明

「アメリカ・ファースト」を掲げて、せっかく作ってきた世界の秩序を壊しているアメリカのトランプ大統領が、8日、イランの核開発を制限するため2015年にアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・中国・ロシアの6ヶ国がイランと結んだ核合意からの離脱を表明しました。

オバマ政権の政策を転換し、合意で解除されたイランへの制裁を再び発動して「最高レベル」の経済制裁を科すと宣言した、と報じられています。

トランプ大統領の声明の骨子は、○アメリカはイラン核合意を離脱 ○対イラン政策を再開 ○核合意はひどい、一方的な取引 ○イランの核の脅威に対し、同盟国と共に包括的な解決策を探る というものです。

イランについては、2002年に表面化した核兵器開発疑惑で、緊張は危機的水準に達しました。

オバマ前政権の下で2015年に結ばれた核合意は、イランと欧米が対話に転じ、共存するための決定だったはずです。

同盟国の英仏独などと取り決めた核合意からの離脱には、米政権内でも異論が噴出しましたが、トランプ大統領は国際協調派の高官などを次々に更迭し、強硬派を充て、離脱に布石を打ってきた、ということです。

英仏独などは、アメリカが核合意から離脱しないよう奔走してきましたが、外交的な挫折を味わうことになってしまいました。

アメリカの対イラン制裁再開の方針を受けて、9日の国際原油市場では、原油価格が上昇しています。

影響は日本にも及び、イランとの輸出入を再開した商社などの企業が被害を受けると見られます。

トランプ大統領は、温暖化防止のパリ協定からも離脱し、再び、一方的に国際協定を否定しました。

イランについては、対外融和を掲げるロウハニ政権を追い詰めると、反米強硬派を勢いづけ、かえって核開発の恐れが強まりかねない、といわれています。

核合意は、合意によって核兵器保有の可能性が完全に絶たれる保証はないが、対話と圧力で核拡散を抑える第一歩の策として、国際社会の支持を得ていました。

エルサレムをイスラエルの首都と認定した際も指摘されていましたが、アメリカの中東政策の方向性が見えず、秋の中間選挙向けに、自分の支持者に向けてのメッセージとしか思えません。

アメリカ外交が一貫性を持つよう、英仏独だけでなく、仲良しのはずの日本の安倍首相も力を尽くすべきだと思います。

あわせて読みたい

「イラン核問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。