記事

10年後に向けたゲーミフィケーション:井上明人さんインタビュー

2/2

<ゲーミフィケーションの実践>

リンク先を見る−ゲーミフィケーションの理屈は分かるのですが、私のような普通のサラリーマンにとって、Foursqaureでバッジがもらえる以外に、なにか変わることがあるんでしょうか。このまえオライリーの「ゲームストーミング」という、ブレインストーミングをゲーム風に実践するための本を買ったのですが、実際のところ「じゃあ今日の会議はゲームにしよう」と言える立場の人はそういないように思います。

それは話を分けて考えたほうが良いですね。まず「ゲームストーミング」が題材とするようなアジャイル開発は、そもそもかなりゲーミフィケーションに近い分野としてあります。アジャイルは知り合いのゲーム会社などでも多く採用されているようですし、ゲーミフィケーションと言わずに、同じようなことがうまく展開された例でしょう。

ただ、そうしたアジャイルの話と、ここ一年のゲーミフィケーションブームとはあまり関係がないですね。

−では、昨今のゲーミフィケーションブームのほうは、どう広がっていくのでしょう。

僕は、さまざまなライフログのデータをAPIなどで繋いで、ゲームに利用できる時代が来ると考えています。そうなると、個人の日常生活をRPGツクールのようにゲームとして仕立てられるようになる。十年以内にはできると予想しています。

−自分のRPGですか。自分で遊ぶのでしょうか。

RPGに限らず、他のゲームかもしれません。自分で遊ぶことも、他の人が遊ぶことも考えられます。

いま、可能性として一番近いのは、Facebookなどで社内評価システムとして使われているRipplesです。Ripplesではプロジェクトの目標を達成したり、システム上で他の人へ有益なフィードバックを返したりすると、バッジが貰えるというような仕組みを備えています。そして、その設定を、プロジェクトマネージャーが自分で変えられるようになってるんですね。プロジェクトのゲーミフィケーションと言えます。

自分たちで、自分たち向けのゲームを作れるというのが、すごく重要なところです。会社のえらい人とか、気の合わない上司がデザインしたゲームは嫌じゃないですか。関わっているプロジェクトごとにゲームデザインができるようになる。たとえば学校ではクラスごとに自分たちの目標をゲームにするとか、そういうポテンシャルもあると思います。

僕自身、日常をゲーム化して、それにはまるということがよくあります。

−たとえばなんですか?

今年でいうと節電ですね。#denkimeterのおかげで、もうゲームとしてだいぶ習熟して、いま月間42kWです。

−42kWって、どれくらいすごいのかよく分からないですが……。

月の電気代が千円とか。 

−本当ですか?! 電気つけてますか?

LEDで。

−あー、なるほど。それはすごい。

だいぶ節電には詳しくなりました。

あと、今年の後半にはまったのは食べログですね。あれはもともと半分ゲームとしてデザインされていて、半分はされていない感じです。 

−そうなんですか。

食べログは、レビューをずっと書いていると、スコアに対する影響力が上がるんですね。最初はレビューを書いても0.01ポイントくらいしかスコアに影響がないのですが、100件以上書くと0.3ポイントくらい影響を与えられるようになります。

−100件書いたんですか。

150件くらい書いています。

−なるほど……。食べログの影響力を高めるゲーム。

ほかの例だと、受験勉強とか、就活、それから選挙活動をゲーム感覚にするというのもあるでしょうね。勉強の仕方は合う合わないがあるので、そういうのを設定して、支援するツールがどんどん出てこれば面白いのかなと。

−ルールが用意されるのではなくて、自分でカスタマイズできるというのが肝というわけですね。

今回、本を書いていて気付いたのは、ゲーミフィケーションのビジネス面で大きいのは、ゲームの設計というより、ゲーム支援プラットフォームだなと。やっぱりプラットフォームビジネスです。Foursquareは店舗向けゲーム支援プラットフォームですし、Budgevilleもウェブサイト向けゲーム支援プラットフォーム、Ripplesも組織向けゲーム支援プラットフォームですね。そしてプラットフォームビジネスだとすると、早いうちに参入して一番手になるのが重要という話になってきます。ゲーミフィケーションはうさんくさいなどと言われているうちに、状況は決するかもしれません。


<ゲーミフィケーションを面白くするには>

−社内評価にゲーミフィケーションが使えるというさっきの話ですけど、それはつまり成果主義ですよね。仕事の目標をひとつ満たせば何点で、合計点で給料ランクはこれ、というのとなにが違うんでしょう。

ゲームとはなにかを考える必要があります。ゲームを形式面から考えると、ルールがあって、ゴールがあって、インタラクションがあって……と定義できますよね。そう考えると成果主義は確かにゲームです。ただ、そういう定義があれば確かに行動はしやすくなるのですけど、だからと言って万人がハマる楽しいゲームになるわけではないです。

一方、認知面からゲームを考えると、自分が今いる環境に貢献したい、自分自身を繰り返し向上させたい、というような定義になります。これは、上司から一方的に言われた成果主義では、そう成立しない話です。つまり形式面でゲーミフィケーションだからといって、認知面でゲーミフィケーションかというのは、まったく別です。この認知面をどう調整するかが重要です。

そもそも「これをやりなさい」と動機付けられるのは、どちらかというと下手なゲームですね。触っているうちに「お、なんか面白くなってきた」というのが良くできたゲームです。マリオやドラクエがまさにそうです。

−しかし、そうすると認知面で良いゲーミフィケーションを作るのはすごく難しいのでは。

そうなんです。ただ、ゲーム作りのハードルは下がったので、ノウハウを積み重ねていくしかないですね。データが蓄積できる分野、たとえばトレーニングなんかは、ゲーミフィケーションの効果が大きいでしょう。評価尺度のない分野、たとえば新規事業開発には、ちょっと向いていないでしょうね。新規事業開発のなかでもブレインストーミングの段階だけ、というのであれば可能ですが。

−当然、分野によって向き不向きがあると。

コンピューターゲームの歴史を考えても、笑いとか、アートとか、難しい分野というのがいくつかあります。ギャグをゲームにするのは難しいですし、カラオケの採点システムもしょぼいです。

でも、ゲームもハードルを乗り越えてきました。たとえば議論をゲームにするのは難しいと思いますが、「逆転裁判」は議論の中から推理という評価可能な部分だけを抜き出してゲームにした、素晴らしい作品です。

「わがままファッション ガールズモード」もそうです。ファッションの良し悪しというのはゲームにできない素材ですが、「こういう人にはこういうコーディネートだ」というマッチングを素材にすることで、ゲームになった。

画像を見る
「わがままファッション ガールズモード」任天堂、2008年)

−そういうゲームデザインの歴史から学べることがあると。

はい。天才的なゲーミフィケーション作家がいるとしたら「ここを指標として評価すればゲームになるな」と気付く人でしょうね。ゲーミフィケーション・デザイナーも出て来ていいと思います。

ゲーミフィケーションでなんでもできます、というのはまあうさんくさい話です。ただライフログのおかげで、ゲームを作るコストが下がったのも事実です。ゲームは複合メディアなので、いろいろ調整して、繰り返し作っては直すというプロセスが必要になるため、これから半年や一年でなにかものすごいものが出てくるということはないでしょう。

インターネットで言えばちょうど1995年ぐらいの感じで、当時は「民主主義が変わる!」とか騒がれていて、いろいろな夢や野望がありましたが、いまようやくその実際的なところが伝わるようになってきました。ゲーミフィケーションも同じで、5年10年経ったとき、「iPhoneが流行った2010年ごろが契機だったね」と言う日が来ると思っています。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  5. 5

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  6. 6

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  7. 7

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  8. 8

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。