記事

米通商政策巡る不透明性で投資抑制、「明白な」経済リスク=アトランタ連銀総裁

[サバンナ(米ジョージア州) 9日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は9日、トランプ政権の通商政策を巡る先行き不透明性が米経済にとり「最も明白なリスク」となっており、これにより企業投資が抑制されている可能性があるとの見方を示した。

同総裁はジャクソンビル・ワールド・アフェアーズ・カウンシルで、自身が統括する地区の企業幹部とのやりとりから、法人税減税の影響が通商を巡るリスクで相殺される恐れがあるとの考えから投資が先送りされている可能性があることが示唆されていると指摘。

「年初にみられた税制を巡る楽観的な見方は、現在は関税措置や貿易戦争の可能性を巡る先行き不透明性にほぼ完全に置き換わっている」とし、「多くの企業が新規設備投資を巡り様子見姿勢をとることで先行き不透明性に対応しようとしているとの感触を得ている」と述べた。

また、消費者の消費活動についても、所得税減税で活性化しているようにはみえないとの見解を示した。

ただ、今のところは米経済は潜在力を超えて成長しているようにみえると指摘。インフレ率は連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%を大きく上回り、「しばらく」その水準にとどまる可能性があるとし、インフレ率が目標を下回る時期が長期化しているため、目標を上回ったとしても喫急の問題とはならないとの立場を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。