記事

イスラエル、米国が核合意離脱の表明直後にシリア攻撃か

[エルサレム/ベイルート 8日 ロイター] - シリアの国営シリア・アラブ通信は8日、トランプ米大統領によるイラン核合意離脱表明から2時間以内にイスラエルがシリアに対して複数のミサイルを発射したと報じた。

攻撃を受けたのはダマスカス南方の町キスウェで、シリア軍がイスラエルのミサイル2基を撃ち落としたという。

アサド大統領を支持する地元勢力の指揮官はロイターの取材に対して、イスラエル空軍がキスウェの陸軍基地を攻撃したが、死傷者は出ていないと述べた。

イスラエル軍のスポークスマンはこうした報道について「このような外国の報道には答えない」と述べた。

一方イスラエル軍は、シリア国内のイラン勢力の活動に変化がみられるとして、ゴラン高原の市民に防空壕などの用意を進めるよう指示。イスラエル軍トップのアイゼンコット参謀総長も予定していた会合への出席を取りやめた。

あわせて読みたい

「イラン核問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  4. 4

    五輪中止で32年開催狙うか 英紙

    ロイター

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    河野大臣 本人確認の不便さ指摘

    河野太郎

  7. 7

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  8. 8

    司法試験 受験者数763人減は深刻

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  10. 10

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。