記事

国民民主党の設立にあたって

1/2

2018年5月7日、国民民主党が設立されました。

これから仲間と力をあわせ、国民から信頼いただける政党になるよう努力してまいります。

(党の綱領や結党にあたっての思いはこちらをご覧ください。)

▲国民民主党 綱領リーフレット(画像をクリックするとPDFが開きます)

我が党には、厳しい選挙を勝ち抜いた一期生をはじめとした優秀な若手や、全国の地方議員のネットワークがあります。

経験ある国会議員だけが意思決定に関与する政党ではなく、フラットなネットワーク政党にしていきます。

そのうえで、私たち、国民民主党は、「対決」ではなく「解決」を示す「政策集団」をめざします。

もちろん、「政権の監視」は野党の責務です。

おかしなことは、他の野党とも協力しながら、引き続き厳しく指摘していきます。

一方、政治の役割は、国民の皆さまのため、「よりよい政策」を実現することに他なりません。

特に、苦しんでおられる声なき声に耳を傾け、その課題を「解決」してこそ、私たちは国会に送ってもらっている責任を果たすことができます。

これは野党であっても同じです。

そして政権与党を目指すなら、なおのことです。

考えが異なっても、あきらめず、合意形成を探す努力を続け、解決策を見い出す。

これが、私たちが綱領に掲げた「改革中道政党」の本質です。

国会では、積極的に政府に論戦をいどみます。

私たちは、「政策集団」として、徹底した政策論争を行っていきます。

その際、私たちが大切にしたいのは、「未来先取り」の視点です。

今、世界は大きく変化しています。しかも、驚くべき速さです。

特に、これからの日本は、
「人生100年時代」
「AI時代」
「人口減少時代」
「アジアの時代」
という4つの新時代を、同時に生きぬいていかなくてはなりません。

だからこそ、私たちは、「20世紀の成功体験」から決別し、古くなった日本を「アップデート」していきます。

それが、国民民主党結党の大きな目的です。

そのための総合戦略を提案していきます。

この戦略は、まさに「ここから始める」という意味も込めて、「プロジェクトABC」と名付けました。

(詳細は末尾を参照してください。)

これは、AI(人工知能)の「A」、
ベーシック・インカムの「B」、
コミュニティの自立の「C」、
の3つの柱から成り立つ総合戦略です。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  8. 8

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  9. 9

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。