記事

金正恩氏を「信頼できる」人が8割に!急変した韓国人の対北観 - 澤田克己 (毎日新聞記者、元ソウル支局長)

1/2

 北朝鮮の金正恩国務委員長に対するイメージが、南北首脳会談を契機に韓国で好転している。それまで持たれていた「冷酷な独裁者」というイメージを裏切る演出を仕掛けた金正恩委員長の思惑通りだろう。これまでも指摘してきた通り、今年に入ってからの北朝鮮の対話攻勢は数年前からのシナリオに従って企画された可能性が高い。米朝首脳会談でも、世界を驚かせる演出によって最大の成果を上げようとするはずだ。金正恩委員長の交渉能力を侮ってはいけない。

[画像をブログで見る]

文在寅大統領の支持率は8割超え

 韓国ギャラップ社が5月2、3の両日実施した世論調査によると、南北首脳会談の結果を「よかった」と評価する人は88%に達した。「よくなかった」と答えた人は5%だけだ。文在寅大統領の支持率も前週比10ポイント増の83%にまで上昇した。支持理由(複数回答)は南北首脳会談が35%と最多だった。

 文在寅大統領は10日で就任1年となる。この1年間の国政運営について分野別に評価を聞く設問でも、対北政策については83%が「よかった」と評価した。次に評価が高かったのは外交で、「よかった」が74%だった。その他の政策への「よかった」という評価は、福祉が55%、高官人事48%、経済47%、教育30%。対北と外交への評価の高さが際立った。韓国の外交はもともと日米中露という周辺4大国(韓国では「四強」と呼ぶ)との関係を主軸とせざるをえないので、特にここ1年は北朝鮮情勢と密接に関連してきた。南北首脳会談直後ということを勘案しても、北朝鮮に関連する政策への支持は高いと言えるだろう。

 こうした状況に不満の強い保守派の一部からは「世論調査は実態を反映していない」という批判が出る。朴槿恵前大統領罷免という混乱で痛手を負った保守派は元気を失ったままなので、世論調査に答えること自体を拒否する人が多いという主張だ。だから文在寅大統領への支持が高めに出るし、対北政策への評価も高くなるという理屈になる。

 政界でも保守派が分裂して勢力回復の見通しすら立たないのは事実だ。しかし、世論調査をめぐるこうした主張が妥当かというのは別の問題だろう。

 同社の調査では、自らを「保守」「中道」「進歩」のどれだと考えるかも聞いている。比較対象として朴槿恵前大統領のスキャンダル発覚直前となる2016年9月初めの調査と比較してみよう。この設問に回答した人数は、「保守」295人→207人(前者が2016年、以下同)、「中道」264人→292人、「進歩」245人→347人だ。2016年に比べて「保守」の比率が減り、「進歩」の比率が増えている。ただし、大統領罷免を巡る混乱の中で保守派は大混乱に陥ったし、適切に対応できなかった保守政党に愛想を尽かしたという元支持者は多い。それを考えると「保守」を自認する人の減少は当然だと言えそうだ。「保守派は世論調査に答えない」という主張が一部に当てはまる可能性はあるが、それが調査結果に大きな影響を与えるほどかは疑問である。

北朝鮮を信頼する韓国人が急増

 韓国で多くの人に共有される感情は「戦争だけはごめんだ」というものだろう。だから、とりあえず対話路線は歓迎するし、少なくとも平和的な解決を目指しているように見える現状を肯定する人が多いのはうなずける。自分の住む町が戦場になるかもしれないという危機が終息に向かうように見えるなら、誰でも歓迎するのは当然だ。

 ただ、それにしても韓国世論の変わり方は激しい。

 別の民間調査会社・リアルメーターが南北首脳会談当日に行った世論調査によると、「非核化と平和定着に対する北朝鮮の意思を信頼するか」という質問に対して、「信頼する」が64.7%に達し、「信頼しない」は28.3%だった。この調査は「以前はどうだったか」も聞いているのだが、その結果を集計すると「以前は信頼していなかったが、今は信頼している」という人が52.1%と過半数を超えた。「会談以前の段階で信頼していた」という人は14.7%なので、ものすごい心境変化と言わざるをえない。

 前記のギャラップ社調査も傾向は似ている。北朝鮮が今回の合意内容を守ると思うかという質問に対して、「守るだろう」が58%、「守らないだろう」は20%である。

もはや好感度の域に
金正恩氏へのイメージの変化

 驚くのは、金正恩委員長のイメージの変化だ。もはや好感度と言ってもいい水準である。ギャラップ調査の「金正恩委員長に対する考えが首脳会談後に変わったか」という質問に、「以前より良くなった」65%、「悪くなった」1%、「変わらない」28%となった。

 韓国の公営放送・MBCが4月30日に放送した世論調査では、金正恩委員長を信頼できるかを聞いた。すると、「とても信頼できる」17.1%、「おおむね信頼できる」60.5%と肯定的評価が合計で8割近かった。この調査も自分を「保守」だと思うかなどと聞いているのだが、「保守」と答えた人でも72.9%が「信頼できる」と答えたのだという。

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  6. 6

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    豊洲市場 なぜクラスター認めぬ?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。