記事

田中直紀防衛相、「防衛オンチ」のこんなバカに国防を任せていいのか

◆防衛政策の素人・一川保夫前防衛相に続き、田中角栄元首相の女婿である田中直紀防衛相は、どう見ても「防衛オンチ」としか思えない。

一川保夫前防衛相、田中直紀防衛相に共通しているのは、「農林水産族」である。鍬を鉄砲に持ちかえて戦えるのかという感が拭い切れない。自民党は早くも国会審議で「基礎知識のテスト」を試みて、「防衛相としての資格」を問う構えだ。

防衛政策は、民族の命運を左右する。陸海空3自衛隊(世界的には軍隊)を動かす「統帥権」を掌握している。こんな大事な権限を「バカ」に任せていいのかという不安がよぎる。それでなくても、北朝鮮暴発が危惧され、最悪の場合、第2次朝鮮戦争にも発展しかねない情勢が現出しつつある。

東シナ海、南シナ海から太平洋にかけては、中国人民解放軍海軍の拡張・増強が著しくなっており、米軍との衝突が危ぶまれている。

シーレーンの先端にあるホルムズ海峡では、イランが封鎖するのではないかという情報も取りざたされている。南スーダンには、陸上自衛隊が派遣され始めており、完全武装もせず、軽武装で送り込まれて行くので、隊員たちの生命が気がかりだ。

◆当の田中直紀防衛相は、防衛官僚のレクチャーをまともに聞きたがらないという。レチャーを聞かないでもよく分かっているということなのか、元々レクチャーが嫌いなのかと言えば、後者のようだ。防衛政策は、精緻な軍事理論と軍事オタク的な知識がなくては、国会論議をこなすのは困難である。田中直紀防衛相は、根っからの「アバウト人間」なので、野党にとっては格好のエジキになるのは間違いない。

一応、政治家主導の国会では「これは重要な問題なので事務当局から答弁させます」とはいかない。

◆田中直紀防衛相は、1月15日のNHK番組で、自衛隊の海外での「武器使用基準緩和問題」と「武器禁輸政策の見直し」を取り違え、ついに終わりまで、この誤りに気付かなかったという。

埼玉新聞は1月16日付朝刊「2面」で「早くも『素人ぶり』露呈」という見出しをつけて以下のように報じている。

「田中直紀防衛相は15日のNHK番組で、自衛隊の海外での武器使用基準緩和問題と、武器禁輸政策の見直しを取り違え、誤りに気付かなかった。与党内には『安全保障の専門家でなく、答弁が心配』との懸念が出ていたが、早くも「素人ぶり」を露呈した格好だ。

番組で司会者が武器使用基準緩和の是非を聞いたところ、田中氏は『武器輸出三原則の基準を見直し、国連平和維持活動(PKO)で使った建設機械はその国に置いていくことも検討している』と述べ、昨年末に官房長官談話で発表した武器輸出の新基準を説明した」

民主党内では、田中直紀防衛相は「人柄で乗り切ってくれるのではないか」と半ば皮肉っぽく評しているが、防衛政策は人柄で乗り切れるほど、甘いものではないとだれもが承知している。

こうなると、田中直紀防衛相は「国防より自分の身の防衛」を最優先せざるを得なくなる。

任命権者の野田佳彦首相は、一川保夫前防衛相について、やはり「人柄はいい」とかばっていた。その二の舞になる可能性が大であり、「任命責任」を問われることになるのは確実だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。