記事

せっかく書いたエントリをステマ呼ばわりされない方法

相変わらず、ステマとPR記事の区別がつかない中学生が騒いでいるようだ。もう冬休み終わったんじゃないの?

この時期に商品レビューのエントリとか書いたら、中学生にステマ呼ばわりされるであろうことは、太陽が東から上るくらいの必然だろう。とは言え、それで稼いでいる人たちもいるだろうし、もっとピュアに商品を褒めたい人もいるだろう。そんなときの処方箋だ。

と言っても大したことじゃない。その記事がどのような背景で書かれたものか明記する習慣を付けるということ。「献本もらったんでー」とか、「ブロガーパーティー行って来ました」とか、「書いてって頼まれました」とか。いきなりやっても意味はないので、それを日頃からの習慣にしてしまう。

これは元々新聞がPRとかタイアップの広告、つまり紙面っぽい広告を出すときにやっている手法だ。ノンブルのあたりに「広告」とか書いてある紙面や記事っぽいものがあったら、それは広告だ。これは確か新聞協会あたりのルールだったと思う。まぁ、あくまでも紳士協定だし、新聞協会に入ってないところはやらないけど。つまり、

金品をもらって書いてますよ ということを明示しておく。これで読者は普通の記事ではないんだという目で記事を読む。

新聞協会のルールは、「媒体」としての信用を護るためでもある。新聞の価値は、基本的に記事の信頼にある。タテマエとして新聞の記事は正しいものだとして、購読者は読む。そこにこっそり宣伝を紛れ込ませることは、彼らの倫理観として許容できないし、購読者も納得しないだろうと。そういったことのために、誰が読んでも広告にしか見えない「記事っぽいもの」にも、全部「PR」のような文字が入っている。そうやって区別することが、新聞としての矜持なのだ。

どんだけ新聞が腐っていようと、このことだけは曲げていない。そこで中学生は「じゃあ偏向報道はどうなんだ」とか言うだろうけど、あれは新聞社の普段の企業活動から出てきた「方針」とか「文化」を背景としたもので、どこかから「そーゆーPRしてよ」とか言われてやっているものじゃない。

メディアの先達たる新聞様がそうやっているのだから、我々ネット雑文士もそれに倣って、「誰かに便宜を図ってもらったから書いたエントリ」にはその旨を明示するようにしたら良いのではなかろうか? 実は既に新聞系サイトや新聞子会社系サイトでは、そのようにやっているところもいくつかある。ブンヤ上がりのブロガーでも、そういった書き方をしている人もいる。

「ネットには嘘もいっぱいあるんだよ」というリテラシーも大事だけど、そういった「裏のある」エントリを明示するだけで、ずいぶんとネットの情報の信頼度を上げることができる。だって、賢明な情報強者様は、一次情報に当たるのが基本だろ。プレスリリースと同時にPR記事が出たら、そっちも読みに行くよね。ここに「PR」って書いてあれば、「これはリリース元と正規の契約で得られた情報で書かれているな」ということがわかる。「日経の一面記事」よりは信用出来るなってことがわかるはず。

どうせ公正平等な記事エントリなんて書けないし、書いたところで「ステマステマ」なんだよ。だったらはっきり「この記事はPRです」「ソースは配布資料です」って書いておけば、ステマ呼ばわりされてい嫌な思いをしないで済む。

あわせて読みたい

「ステルスマーケティング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。