記事

消費支出、3月は-0.7% 2カ月連続で減少=総務省

[東京 8日 ロイター] - 総務省が8日発表した3月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は30万1230円となり、前年同月に比べて実質で0.7%減少(変動調整値)した。減少は2カ月連続。名目は同0.6%増(同)だった。季節調整済み前月比は0.1%減と2カ月連続で減少した。

家計調査は1月分から調査世帯の家計簿記入の負担を軽減するため、記載様式を改正する調査方法の変更を行っており、その調整を行わないベースでは実質で前年比0.2%減だった。

消費支出の減少に大きく影響したのは外壁・塀等工事費など住居関係。前年同月に大きく増加したことの反動が出た。また、交際費や仕送り金のほか、昨年に連休となった春分の日が飛び石になったこともあり、外国パック旅行費や宿泊料も減少した。

一方、私立大学などの授業料や自動車購入、医科・歯科診療代などは増加に寄与。昨年よりも土曜日が1日多かったことや、花見シーズンが前倒しなったこともあり、外食や調理食品なども増加した。

総務省は個人消費の基調判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に据え置いた。

総務省は、家計調査を補完し、個人消費の実態をより包括的に把握するため、単身世帯を含む消費動向を反映させた「消費動向指数(CTI)」の公表を1月から参考指標として開始した。

それによると、世帯あたりの平均となる世帯消費動向指数(総世帯)は実質で前年比1.6%減、季節調整済み前月比は1.9%増となった。

世帯全体の消費支出総額の推移となる総消費動向指数は実質で前年比0.5%増、前月比0.1%増となった。

*内容を追加しました。  

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。