記事

アマゾンへの問題提起

アマゾンへの問題提起です。いくら拙書が品薄だからといって、定価800円の本を1.5倍以上の価格で販売するのは、道理に反しているのではないでしょうか。

出版社の調べによれば、拙書ともう1冊の新書が狙い撃ちされているようです。本来は新品のところに差益を稼ぐ業者の価格は出ないはずですから、アマゾンが意図的にそれを行っているとしたら、アマゾンが業者からバックマージンを取っていると疑われても仕方ないでしょう。

著者としては、アマゾンで購入している方々にはたいへん申し訳ないという思いでいっぱいです。このようなボッタクリの事例はメディアにもしっかりと取り上げていただきたいところです。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  3. 3

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  4. 4

    北欧の教育を崇める日本に警鐘

    BLOGOS編集部

  5. 5

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  6. 6

    自称リアリストのうぬぼれに怒り

    内田樹

  7. 7

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

  9. 9

    闇営業報道は反社の証拠買ったか

    AbemaTIMES

  10. 10

    宮迫の弁解に「往生際が悪すぎ」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。