記事

洗練された基本のすごさ

画像を見る
水泳選手 出典 Pixabay photo by KeithJJ

為末大(スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役)

【まとめ】
・すごい技ができる人は当たり前の行為のレベルがとても高い。
・行きつくところまで行けば全然違う世界がある。
・社会においての必殺技は、誰もが毎日行うことを全く違う次元できること。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39921でお読み下さい。】

昔、水泳選手と話をしていてフォームの話になった。何気無くその選手がその場でほんのちょっと水を描く仕草をしたときに、肩甲骨から手先までの連動がなんとも言えない美しい動きをして、感動したことがある。

最近ようやく仕事がちょっとわかってきたところで、ある点を突き抜ける人とそうではない人は何が違うんだろうかと考えると、誰にもできないすごい技ができる人というより、みんなもやっているような当たり前の行為のレベルがとても高いのではないかと感じている。

例えばメールひとつとって、さらっと書いたように見えて無駄なものがひとつもなく、かつ足りないものもないメールを送ってくる人がいる。しかも、とても印象が良い。ある情報を伝えるという点において、メールなんてもはや誰でも使えるだろうが、それでも行き着くところまでいけば全然違う世界がある

昔英語が喋れるようになりたいと思っていて、ああ喋れる人は羨ましいなとみんなを見ていたが、今めちゃくちゃながらも一応会話ができるようになってくると、ああ、英語ができるというのにはネイティブであってもさらに違いがあるのだなとわかるようになってきた。考えてみれば当たり前で、日本人でも村上春樹と一般人の言葉のレベルが違うように、喋れることは入り口でしかなくてその奥には深遠な世界がある

画像を見る
▲写真 イメージ図 出典:Pixabay photo by Free Photos

これができるようになりたい。これができるんです。と言っている時、一体どの程度できるということを指しているのか。使えるようになりたいということか、うまくなりたいのか、それとも芸術的な域に達したいのか。それはどこまで行きたいのかに影響されるように思う。会社内で仕事ができるようになりたいのであれば、その程度の、世界で勝負したいのなら、その程度の、必要とされる技がある。

息子が戦隊モノが好きなので、必殺技をたくさんみるが、派手な必殺技を見ながら、社会においての必殺技は、誰もが毎日行うことを全く違う次元できることなのではないかと思った。1試合に数度出てくる必殺アッパーよりも、恐ろしく洗練されたジャブを何気なく繰り出す選手の方が私は怖い。

(この記事は2017年9月13日に為末大HPに掲載されたものです)

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  4. 4

    幻冬舎騒動 批判すべきは見城氏

    常見陽平

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  7. 7

    携帯大手3社 明暗分ける新プラン

    S-MAX

  8. 8

    結婚できない男性に特徴的なこと

    文春オンライン

  9. 9

    勉強できる人とできない人の違い

    ヒロ

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。