記事

【脱原発世界会議】祝島の反対運動家勇気もらう 「問題意識を持つ人が多いことに驚いた」

画像を見る
祝島の木村力さん(右)と大間の小笠原厚子さん。脱原発の苦労とやりがいを語り合った。=15日、パシフィコ横浜。写真:中野博子撮影=

 原発のない未来をつくるため、世界の経験と英知を結集しようと横浜で14日から2日にわたって開かれていた「脱原発世界会議」。会場のパシフィコ横浜は、福島はじめ東日本の住民を絶望の淵に叩き込んだ巨大湯沸かし器の廃絶を求める人々の切なる思いであふれた。

 原発災害の取材で出会った多くの人々との再会は懐かしくもあったが、被害の裾野の広さと苦痛の長さを感じさせて余りあった。

 一方で大規模イベントならではの「出会い」に希望も見いだせた。大間原発の建設予定地ど真ん中のログハウスで暮らす小笠原厚子さんと、祝島で半農半漁をしながら上関原発に反対する木村力さんが顔を合わせた。大間原発と上関原発の反対運動家が顔を合わせるのは、これが初めてだ。

 小笠原さんが「嬉しくて興奮する」と話すと、木村さんは「一人でよく頑張っている」とエールを送った。

 小笠原さんが暮らす「あさこハウス」の電源は、すべて自家発電という。太陽電池と風車だ。井戸水を汲み上げるモーターだけがHONDAのエンジン発電機で賄われている。彼女は「世界の人に脱原発を訴えることができると思って来た」と目を輝かせた。

 自然との共存を謳歌する小笠原さんと違って、木村さんは島での人間関係に苦労した。「親、兄弟でさえ賛成派と反対派で別れ別れになった」。木村さんはしんみりと語る。それでも「世界会議に来て原発に問題意識を持つ人が多いことに驚いた」と顔をほころばせた。


 世界会議は「原発建設反対」の現場で体を張りながら戦っている当事者にも勇気を与えたようだ。

画像を見る
「福島原発事故緊急会議」のブース。あらゆる団体が参加し原発事故災害に関する情報を発信している。=写真:中野博子撮影=

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  5. 5

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。