記事

「子どもは親の気持ち次第で制御可能」銀座の老舗洋菓子店ツイートで考える個人と社会

1/2
写真AC
銀座の老舗洋菓子店が“炎上覚悟”と前置きしツイッターに投稿した内容が議論を呼んでいます。ことの発端は4月25日の下記ツイートでした。


老舗の覚悟が共感を呼んだこともあり、このツイートへの反応は大半が肯定的なもので占められていました。同店は続けてこのようにツイートしています。



これにてこの話題は収束したかと思われた5日後の5月1日、同店のツイッターに下記のツイートが投稿されました。

本日、障害をお持ちのお子様とご来店されたお客様より謝罪のメールを頂戴しショックを受けました。親御様の気持ち次第で制御可能なお子様連れの問題と、障害をお持ちの方のケースとは全く次元の違う問題で周りのお客様にもご理解頂けると考えます。今後とも引き続きご利用頂きたくお願い申し上げます。

これは難しい話になってしまったなーと感じました。
ツイッターでは、“子どもは親の気持ち次第で制御可能”という考え方に違和感を抱いた人や、そもそも“制御”という言葉のチョイスに怒る人、また“障害があれば制御不可能だから受け入れる”ともとれる主張に差別意識を感じた人など、一度目のツイートに比べて、反発の声も多く上がってしまいました。この一連の投稿について考えてみたいと思います。

“制御”することについて

まず「制御」という言葉の選択について。
辞書では「制御」という言葉の意味は”自由勝手にふるまわせず、おさえつけて自分の思うように支配すること”とあります。「制御」という言葉に違和感を持った人は、特にこの後半部分に違うと感じたのではないでしょうか。親とは言え、子どもを自分の思うように支配してはいけませんので、すべての子どもは、親の気持ち次第で“制御不可”です。

だけど、個人的にはこの言葉の選択について目くじら立てても仕方がないと思っています。なぜかというと、これは中の人がただ言葉を誤用してしまっただけだと思うからです。考えを表現する最適な言葉を選ぶことって、簡単なようで極めて難しいことです。

前のツイート“就学前とおぼしきお子様がアイスクリームの器を前にきちんと足を揃え、少し緊張してお座りになっているのは微笑ましいものです。こんな素敵なお客様を締め出す事は出来ません。”などを拝見すると、この中の方の子どもに対する暖かな眼差しを感じます。子どもに人権がないと思っている人であれば少なくとも“お子様”、“お座りになっている”などの言葉を使うこともないような気もします。ですから「制御」という言葉に中の方の考えがそのまま反映されているとは、私は思いません。

では中の人は“制御”という言葉を使って本当は何を言いたかったかというと、主に辞書の解説の前半部分“自由勝手にふるまわせず”というところだと思います。“言って分かる子”とその親に対して要求しているんですよ、ということを明確にしたかったのではないかと思います。

ところが“障害のある子どもについては別次元の問題”としてしまったことで、じゃあ障害がある子どもは言って分からない子どもなのか、という話になってしまった。

お客さんが担う役割

私は今回の中の人の投稿の真意が「マナーの悪い子どもとその親には来てほしくないが、障害者であればその限りではない」という意味では決してないと思います。そうではなく、中の人が本当に言いたかったことはつまり、こういうことじゃないかと思うんです。

“この店では、お客さんが過ごす時間と空間に価値がある。だからこそお客さんと言えども、その価値ある時間と空間を、ともに作る協力者であってほしい”

今回の一連の投稿は、このための“お願い”だったのではないかと思います。そして障害の有無や大人・子どもに関わらず、その意識さえ共有できれば、みんなを歓迎します、ということであったのではないかと思うんです。

そもそも、自分の店をどんな店にするかはオーナーが決めて良いことですし、その店を選ぶかどうかはお客が決めて良いことです。今回の菓子店について言えば、恐らくお店の方はお菓子の味のみならず、銀座という立地で長く続けてきたという歴史にも誇りを持っていらっしゃるのでしょう。

ツイートに寄せられているコメントを見ると、お客さんの方もやはり、味のみならずその店の醸し出す雰囲気を好む人が多いようです。であればこそお客だって、そのお気に入りの店の雰囲気を維持できるような振る舞いをしようと思うべきではないでしょうか。

もちろん、自分はたかだかお客に過ぎないのだから勝手に協力者に仕立て上げられるのは迷惑と思う人もいると思います。たとえば小さい子供がいるとか、もっと気ままにくつろぎたいとか。そういう人はそういう気持ちのまま居心地が良くなれる場所がほかにもたくさんあります。そんな風に、お店の種類と自分のニーズを上手にマッチさせると良いと思います。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  6. 6

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  7. 7

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    香港デモ成否が日本の未来に影響

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。