記事

5月3日は憲法記念日 新聞報道を考える

1/2


・写真は、自民党憲法改正推進本部総会の様子 
右の白髪の西田議員の手前に写っているのが私赤池

「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。

 黄金週間後半の連休に入りました。天候が心配されていますが、いかがお過ごしでしょうか。

5月3日(木)は、祝日「憲法記念日」です。

自民党は、同日に当たって、憲法改正に向けての決意声明を出しています。

 https://www.jimin.jp/news/discourse/137243.html

日々政治活動を行っている中で、「情報」の重要性を痛感しています。国民各位にどのような「情報」が伝わるか、国民の世論形成、意思決定に直接影響するからです。憲法改正問題となると尚更です。国会が発議して、国民投票で決定するわけですから。

●信頼できる情報源はNHKと新聞

情報源として信頼できるメディアは何か。世論調査によると、NHKテレビが61.7%と1位で、次いで新聞が59.2%となり、民放テレビが22.1%、インターネットが13.5%等となっています。

(出所)第9回「メディアに関する全国世論調査」(2016年)結果より

NHKは、放送法の規定に基づき、公共放送として憲法についての番組を制作し、世論調査を行っています。直近の同調査によると、憲法改正必要が29%、不要が27%と拮抗しています。改正への賛否は、男性が賛成多数(36:29%)で、女性が反対多数(21:25%)となっています。世代別では、30代から60代で賛成が多くなっています。

・(出所)NHK憲法に関する意識調査2018

新聞は、NHKとほぼ同程度、6割の国民から信頼を得ているとの調査結果が出ています。新聞は、購読者が減少しているとはいえ、世帯普及率が75%、人口普及率が41%となっています。いまだにそれだけ新聞購読者がいるのかと思います。若い人程新聞を読まずに、ネットで済ませているので、世代間格差が相当大きいのではないかと思います。

・(出所)日本新聞協会 調査データ

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  3. 3

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  4. 4

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  5. 5

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  9. 9

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。