記事

「成人年齢引き下げ」論議が象徴する“日本のIQ”の衰え


【成人年齢引き下げは何が問題か】

 先日、滋賀県彦根市で19歳の警察官が拳銃で上司を撃ち殺すという事件が起きたが、未成年だからと匿名報道が続いている。18歳選挙権がすでに実施されているのに、19歳で警察官も勤めている容疑者が、杓子定規に少年として匿名にされていることについて議論も起きている。成人年齢の考え方に潜む日本の問題について、経営コンサルタントの大前研一氏が考察する。

 * * *
 このところ日本という国の行政能力の劣化を象徴するニュースが相次いでいる。財務省の公文書改竄やセクハラ問題しかり、防衛省の自衛隊日報隠蔽問題しかり、文部科学省の前事務次官の授業内容報告要請問題しかりである。

 個々の議論はともかく、本質的な問題は政治家と官僚の総体的な能力低下にほかならない。いわば日本という国家の「集団IQ」が衰え、思考能力がなくなっているのだ。これは実にシリアスな問題である。

 さらに例を挙げれば、3.11からの復興の遅れをはじめ、全く使えないマイナンバー制度、すでに忘れ去られたプレミアムフライデー、税金の無駄遣いでしかない公務員の定年延長、21世紀に対応できない学習指導要領改訂案、失敗が目に見えているIR実施法など、枚挙に暇がない。国だけでなく東京都でも、大騒ぎした東京五輪の競技会場問題や築地市場の豊洲移転問題、人気取りの私立高校無償化など、あまりにもお粗末で失笑を禁じ得ない。

 そして、その最たるものが成人年齢の20歳から18歳への引き下げだ。それを定めた民法改正案が今国会で成立すれば、4年後の2022年4月1日に施行され、明治時代以来続く「大人」の定義を変える大改革となる。だが、なぜ今この改正をすべきなのかという本質的な議論はすっかり抜け落ちたまま、ただ成り行き任せで事が進んでいる。

 そもそもこの議論は第一次安倍晋三政権の2007年に成立した国民投票法で、選挙権年齢の20歳以上から18歳以上への引き下げを定めたことがきっかけである。すでに私は過去に選挙権年齢だけを引き下げる矛盾を批判したが、それから10年以上も経ってようやく成人年齢引き下げの議論が始まったというのは、遅きに失している。しかもこの間、「成人とは何か」という考察は全く深まっておらず、したがって「成人」の定義もなされていない。

 かてて加えて、議論の中身もお粗末極まりない。選挙権年齢が18歳以上ということは、18歳になったら選挙で投票できるだけの「大人」の判断力がある、ということだろう。ところが今回の改正案では、飲酒や喫煙は20歳以上、競馬、競輪、競艇などの公営ギャンブルで馬券、車券、舟券を購入できる年齢も20歳以上のまま据え置かれる。

 国や地方の行方を決める投票では大人の判断力があるはずなのに、飲酒や喫煙や公営ギャンブルを禁じるというのは意味不明だが、これらの領域では18~19歳は「大人」とみなされていないわけだ。

 その一方で、パチンコ・パチスロ店や麻雀荘には18歳から入ることができる。自動車の運転免許も18歳からOKで、バイクの運転免許にいたっては16歳から取得可能だ。パチンコや麻雀は公営ギャンブルよりも健全だ、バイクのほうが自動車よりも安全だとでも言うのだろうか? 全く理屈に合わない規定である。

 かと思えば、少年法の適用年齢は20歳未満のままである。要するに、成人とは何か、18~19歳は大人として社会的な責任を負うことができるのかできないのか、という基準が役所によってバラバラなのである。

 ネット上でも様々な意見が飛び交っている。たとえば、2022年に改正民法が施行されたら、成人式の対象年齢を18歳に引き下げるべきなのか? それとも完全に「大人」になる20歳のままに据え置くべきなのか? 18歳にする場合、22年は18~20歳の3年分の成人式を一気にやるのか? そうなったら晴れの日の着物が足りなくなるのではないか……。人々の混乱ぶりを象徴するような議論だが、結局これらも「成人」の定義があやふやだからなのだ。

※週刊ポスト2018年5月4・11日号

あわせて読みたい

「成人年齢」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  9. 9

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  10. 10

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。