記事

トランプ米大統領、イラン核合意離脱の意向ほぼ固める=当局筋

[ワシントン 2日 ロイター] - 米ホワイトハウス当局者など複数の関係筋によると、トランプ大統領は5月12日までに2015年イラン核合意から離脱する意向をほぼ固めたが、具体的にどのように離脱するかは依然として不透明だ。

フランスとの同盟関係や、前週の訪米時に核合意の維持を訴えたマクロン仏大統領への配慮などから、離脱を見送る可能性もあるという。

ホワイトハウス当局者の1人は、トランプ大統領が「完全な離脱ではない」決定をする可能性があると話したが、詳細は明らかにしなかった。

この当局者は、トランプ大統領が離脱の方向で「ほぼ固まっているが、まだ決定はしていない」としたほか、「離脱する構えに見えるが、大統領が決定するまで確定ではない」と述べた。

別のホワイトハウス当局者によると、大統領の意思が固いもようであることから、側近らは合意維持に向けた強い説得はしていないという。

*写真をつけて、カテゴリーを追加します

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「イラン核問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。