記事

中国の反日ドラマでエキストラをしてみた

1/2
中国のテレビでは「抗日ドラマ」という定番ジャンルがある。悪事を犯す小太りの日本兵を、凛々しい中国兵が退治するという筋書きで、日本では時代考証があまりにデタラメということで悪評が高い。中国の人たちは、本当に日本を敵視しているのだろうか。フリーライターの西谷格氏が、「抗日ドラマ」の撮影現場に、日本兵役のエキストラとして参加した――。

*本稿は、西谷格『ルポ 中国「潜入バイト」日記』(小学館新書)の一部を抜粋・再編集したものです。

■大量の日の丸と旭日旗

2014年の晩夏、空気が肌にまとわりつく蒸し暑い日の早朝に上海の自宅を出発し、高速鉄道やバスを乗り継いで役者一座の宿泊するホテルに到着した。ホテルは映画村の敷地内にあったが、かなり辺鄙(へんぴ)な場所だ。

画像を見る
西谷格『ルポ 中国「潜入バイト」日記』(小学館新書)

ホテル1階には事務所のようなスペースがあり、そこで助監督を探して挨拶した。

「話は聞いてますよ」

と言われ、ひと安心。事務所の机の上には小さな紙箱が置かれ、そのなかには大量のハチマキが詰まっていた。よく見ると、ハチマキには日の丸と「必勝」の2文字が印刷されている。本当に反日ドラマの製作現場に来てしまったのだと、早くも実感させられた。

撮影チームは屋外撮影を行うAチームと、屋内がメインのBチームに分かれており、私はAチームでの撮影に加わった。小道具や衣装などのスタッフも合わせると、総勢100人ほどだろうか。

ロケ現場は戦前の北京の街並みが再現されており、洋館風の屋敷にはカタカナ混じりの日本語の看板が掲げられていた。看板の下には家紋らしき桜のマークが描かれた青い暖簾が吊るされているのだが、日本っぽさを強調しすぎて、どこかちぐはぐだ。

周囲は木製の電信柱が立ち、石造りの古めかしい建物や木造家屋が並んでいる。通りにはコカ・コーラやタバコなどのブリキ看板が張られており、レトロな雰囲気が漂っている。だが、ふと地面を見ると小道具の日の丸が何枚も散らばっているのが気になった。

大通りに目を転じると、さらに異様な光景が広がっていた。運動会の万国旗さながらに、大量の日の丸や旭日旗が頭上にはためいているのだ。敵役である日本兵の国籍を強調したいのだろうが、いくらなんでもやり過ぎだろう。

洋館風の屋敷のなかは、ちょうど撮影の真っ最中で、日本兵と中国兵の衝突場面を演じていた。監督から出演許可は得ているものの、ほかのスタッフから見れば私は完全にヨソ者。不審者だと思われないよう、周りと溶け込むように意識しながら撮影現場を観察した。

同じシーンを何度も撮り直しているのを見てわかったが、どうやら屋敷は日本兵によって占拠されており、そこへ中国兵が突入して次々と日本兵を退治していくという設定のようだ。カメラ映えする派手な倒れ方になるよう何度も撮り直しを行っており、日本兵役の役者は苦労している様子。

■日の丸は「悪の象徴」

日の丸は現場全体を通して「悪の象徴を表す小道具」として多用されていた。当然ながらその扱いは非常に雑で、何枚かの日の丸が地面に落ちて土が付着していたが、誰も気にしておらず、無意識に足で踏みつけている人すらいる。仮に日本で他国の国旗をドラマの小道具で使うことがあったとしても、こんなに雑に扱うことはしないだろう。

夕方になると、どこからともなく仕出し弁当が支給された。滞在中の食事はすべてこの弁当で、メニューは日替わりだが米は固すぎたり柔らかすぎたりと、味はイマイチ。スープはラーメン屋にあるような巨大な寸胴鍋に入っており、紙製のお椀に自分ですくい入れる。スープも冷め切っていたが、売店やレストランなどが徒歩圏内には一切ないため、これで腹を満たすしかない。監督だけはプラスチック容器に入れられた特注の弁当を食べていたが、映像制作の現場では、監督はやはり別格扱いなのだろう。

■日本兵の軍服を着た中国人と記念撮影

日もどっぷり暮れ20時過ぎになると、不意に近くにいたスタッフから、

「じゃあそろそろ着替えて」

と指示された。いい加減待ちくたびれていたが、いよいよ出番が近いようだ。だが、日本兵“小島”を演じられるのかと思いきや、すでに配役は決まっていて、私には名もなき海軍兵の役が与えられた。台詞付きの役をゲットするのは、容易ではないのだ。

演じるのは海軍といっても「海軍陸戦隊」と呼ばれる地上部隊だという。調べてみると、確かに戦前の大日本帝国海軍に存在した部隊の一つだった。黄土色のアーミーシャツの上に鉄板入りの防弾チョッキを頭からかぶると、ずっしりとした重みが両肩にのしかかる。さらに革製の弾薬入れ、防毒マスクの入ったバッグ、硬質ウレタン素材のおもちゃの日本刀を肩にかけ、最後に機関銃を構える。総重量は恐らく5キロ以上あり、着ているだけで全身に負荷がかかってじっとりと汗ばんでくる。重い。

着替えを終えると、コスプレをしているようで気分が高揚してきた。これは是非写真に撮りたいと思い、さっき食事中に雑談した共演者に、全身を写メで撮ってもらった。何枚か撮ってもらうと、

「一緒に撮ろうよ」

と言われ、横に並んで肩を組んだ。反日ドラマの制作現場で日本兵の軍服を着た中国人と肩を組むというのは、なんとも不思議な感覚だった。現場の空気感としては、「ドラマの撮影をしている」と意識はあっても、「反日ドラマを作っている」という意識はほとんどないのだ。

画像を見る
日本兵の服(考証は微妙)に着替えを終えた筆者。同じ日本兵役の中国人共演者に撮ってもらった。このあと一緒に記念写真も。(写真提供=西谷格氏)

あわせて読みたい

「反日」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  8. 8

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。