記事

再春館製薬所トップがパワハラか バド部元監督・今井氏による告発文書を入手(週刊金曜日オンライン取材班)

1/2
リンク先を見る

くまもと再春館製薬所バドミントンチームの公式サイト。

「人として、社会人として、再春館の社員としての帰属意識が全く足りなかった。監督として、管理者としての責任、自覚のなさ、世間一般常識的な、人、物、お金への価値観のづれ(ママ)、感謝、どれもこれも、足りませんでした」

自己否定の言葉が続くこの手書きレポートの書き主は、「ドモホルンリンクル」のCMで知られる再春館製薬所(熊本県上益城郡、西川正明社長)バドミントン部の元監督、今井彰宏氏(現、岐阜トリッキーパンダース所属)である。バドミントンの世界ではおよそ知らぬ者はいないであろう指導者が、なぜ、魂が抜けてしまったようレポートを書いていたのか。

再春館製薬所バドミントン部といえば言わずとしれた強豪チームである。4月26日にBWF(世界バドミントン連盟)が発表した世界ランキングで1位の座を維持した山口茜選手をはじめ、「フクヒロ」と呼ばれる福島由紀選手、廣田彩花選手ペアは昨年、世界ランキングが20位から5位へと急上昇し、世界バドミントン連盟(BWF)から「最成長選手賞」を受賞している(4月26日発表の最新ランキングでは4位)。4月1日にはテレビ朝日「ビートたけしのスポーツ大将」にも出演し人気も急上昇中だ。もちろん2020年東京五輪でもメダル獲得に期待がかかっている。

そんな有力選手を多数抱える再春館製薬所バドミントン部をめぐって各メディアでは金銭問題やパワハラ問題が取りざたされ、ただならぬ事態になっている。

金銭問題とは選手が海外遠征で獲得した報奨金の一部を今井氏が流用したとされるもの。再春館製薬所が4月上旬に日本バドミントン協会に提出した告発状をもとに調査が進められているとされるが、今井氏側は現在まで反論をしていない。その理由について今井氏側は「何をもって金銭的不正としているのか、こちらには調査も何もきていないので反論のしようがない」としている。再春館製薬所の告発に対し、泰然自若として闘う意思を示した格好だ。

今井氏はさらに、再春館製薬所を今年2月限りで退社したのは「会社からのパワハラでうつ状態になったため」と内情を明らかにした。これについて再春館製薬所は「パワーハラスメントと認識していない。監督復帰を前提として半年間の研修を課した」と応じている。

今井氏の主張する「パワハラ」と「研修」の中身について、筆者は、今井氏が再春館製薬所に内容証明で送った文書を入手した。いずれも再春館製薬所という会社組織の体質を物語るような中身である。

会社への「帰属意識」と「感謝」の念

リンク先を見る

今井彰宏氏が書かされた「研修を終えて」。手書きで7枚にも及ぶ。(撮影/週刊金曜日オンライン取材班)

「私が貴社を退職する理由は、貴社によるパワハラとそれによる病気です」

文書はこう断じている。金銭的不正が指摘され、2017年1月にバドミントン監督を解任された今井氏は工場勤務を言い渡された。その期間、毎日レポート作成を命じられたという。最初の3カ月は毎日、会社常務との面談を受けなければならなかった。ほとんどノイローゼ状態に陥っていた今井氏が書いた「まとめレポート」の一部が、記事冒頭のものである。

関係者によると、常務は「まとめレポート」に満足せず、今井氏に書き直しを求める。その際、常務が今井氏の「まとめレポート」を独自に「整理」した資料も取材班は確認した。今井氏が6カ月間の「研修」を経て会社への「帰属意識」と「感謝」の不足を克服し、部員の会社への「帰属意識」を高め「感謝」の心を育てるのが重要テーマと気づいた、などとした上、会社への「帰属意識」と「感謝」を部に浸透させる具体策を示すよう今井氏に迫るものだ。

今井氏は「心底疲れ切って」いたため、書き直しを断った。常務はレポートと面談を週1回ででも継続しようと求めたが、今井氏は「もう恐ろしいです。会社が怖いです」と断ったという。

本当に金銭的不正があったのならば、ルールに基づいた処罰をすれば済むことである。道義的な問題は残るだろうが、道義的な問題をクリアするには会社に対し「帰属意識」や「感謝」の念を強くしなければならないとは、お門違いだろう。

うつ状態にあったという今井氏が書いたレポートには、次のようなことも書かれている。

「チーム運営にしても、年間約2億円もの経費、これはいったいどこから念出(ママ)され、誰がどうやって、どのようにして生み出してくれていたのか、それは会社です」

とにもかくにも会社のお陰でスポーツができていることを強調している。今井氏の心の奥底には、会社が求めるような人間像に自分がなれば念願の監督復帰が叶うかもしれないという一縷の望みもあったろう。しかし、なぜ再春館製薬所は今井氏にこれほどまで会社に忠誠を誓わせようとしたのか。

今井氏と旧知で再春館製薬所バドミントン部の内部事情も知る人物は、前出の内容証明を読んでこう感想を述べる。
「今井さんと、今井さんを慕う選手・コーチたちはいわば“今井軍団”なんです。我が道をいく今井さんのバドミントンへの情熱と指導力に福島や廣田など有望選手が集まってできたのが今井軍団。再春館製薬所はこの“今井軍団”をなんとか“会社軍団”あるいは“再春館軍団”に変えようとしていた。今井さんが“再春館人”になれば今井さん中心のチームではなく会社中心のチームに変貌させることができる。だから今井さんの金銭問題は会社にとって今井軍団を崩壊させる好機でもあった。もちろん会社側はそんな意図はなかったと否定するでしょうけれど」

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  3. 3

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  4. 4

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  5. 5

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  6. 6

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  7. 7

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  8. 8

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  9. 9

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

  10. 10

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。