記事

金委員長の巧妙な印象操作トリックを心理士が解説


【いよいよ次は米朝会談】

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、南北会談での金委員長の細かな動作に注目していく。

 * * *

 金正恩委員長は、人々が彼に対して抱いていたイメージを変えることに成功したようだ。歴史的ともいえる南北首脳会談は、融和ムードに包まれたまま終わった。そこには数々の粛正をしてきたという圧制者の姿も、異母兄である金正男氏を暗殺したかもしれない暴君の姿も、各国の言葉に耳を傾けることなく、強硬な姿勢で核開発に突き進んできた独裁者の姿もなかった。

 笑顔を振りまき、時にジョークを言い、堂々としながらも気さくでざっくばらんなその様子は、人々の心を惹きつけ好印象を与え、文在寅大統領を懐柔した。人が変わったような理由を専門家たちは様々に分析しているのだが、なんだかキツネにつままれたような気分が抜けきらない。

 というのも、この会談では「印象操作」が巧みに行われていたからだ。そこには当然、操作する側(出し手)とされる側(受け手)がある。まず金委員長は彼を暴君、独裁者として見ているわれわれ、受け手側に、自分をスムーズに受け入れさせなければならなかったはずだ。

 北朝鮮のように権威の下で情報統制され、それを受け入れている場合と、それ以外の国々とでは生活環境や思想的、政治的、教育的背景など、受け手となる人々の特性がまるで違う。会談を見ている受け手側に、自分のことを無理なく自発的に受け入れ、自然に好感を持たせるためには、北朝鮮国内向けとは違う接し方、コミュニケーション方法を採らなければならない。

 受け手側が自発的に受け入れるようにすること。これは、出し手側の金委員長にとって絶対に必要なことだったのだ。政治心理学者の川上和久氏は、『情報操作のトリック その歴史と方法』(講談社現代新書)で、これを支配の鉄則だと述べている。

 そこで効果的に使われたのが「笑顔」だ。笑顔は万国共通、プラスのイメージを人々に与える。笑顔が本物に見えれば見えるほど、人は抵抗なく相手を受け入れ、笑顔を向けられているうちに警戒を緩めてしまう。表情が豊かで生き生きとした人ほど、温かみがあり社交的で、能力が高いと判断してしまいやすいという心理的傾向もある。つまりこれが、印象操作のトリックだ。

 もう1つ効果的だったのは「話術の巧みさ」。金委員長は自分の言葉で話し、相手の感情に訴える方法を選んだ。冷麺を持ってきたという件ではジョークを交えたり、わかりやすい表現を使い情に訴えるような内容と話し方は、彼への人物的評価を高め、知性やリーダーとしての素養すら感じさせた。これまでメディアを通して見てきた北朝鮮の指導者としての姿の通りであれば、話を聞いていても心理的な抵抗や反感を抱く人が多かったはずだ。

 だが情緒的な話や話し方であれば、金委員長に対して持っていた見方や態度をいったん、脇に置いたまま話を聞けるだろう。ここにも印象操作のトリックがある。感情に訴えられているうちに、彼の話に無理なく耳を傾ける態勢ができてしまい、強制されることなく自発的に印象を操作してしまうのだ。

 核実験や弾道ミサイル発射実験を行い、戦争が勃発するかも…と人々を不安に陥れる“下準備”もバッチリだった。不安があれば、人はそこから逃れようとするため、不安が解消される方へと操作されやすい。戦争の可能性が完全に否定されていない今、人々は金委員長の笑顔をいい方へと捉えたくなってしまうのだ。

 また、与える印象には、巧みなボディランゲージも役立っていた。南北会談の中心的人物は文大統領ではなく、自分だと印象づけたかったのだろう。注目の歴史的握手では、二人が握手を交わし、金委員長が境界線を越えた。するとすぐに金委員長が手を出し、二人はまた握手。よく見る一般的な握手をしたまま記念撮影。ここで、金委員長が促す形で文大統領が北朝鮮側に足を踏み入れるというサプライズがあって、また握手。

 ところが金委員長は握手した手にもう一方の手を重ね、文大統領の手を包み込んだではないか。この握手は相手よりも自分が優位に立つとともに、相手への信頼や親しみを表しているといわれる。北朝鮮側の優位性と、会談への意気込みや期待を印象づける仕草だ。最初の歴史的握手の瞬間、文大統領こそ、金委員長の手を包む込むべきだったのではないだろうか。

 そしてその握手の後、韓国側へと身体を先に向けたのも、式典後にさりげなく文大統領の背中に手を伸ばし、両国代表団によるサプライズの記念撮影を促したのも金委員長だ。共同宣言で抱擁を交わした時も、文大統領の手は金委員長の腰に回されていたが、金委員長の右手は文大統領の肩に回され、より身体を近づけていた。結果、存在感をアピールし、文大統領よりも強いリーダーシップを感じさせることになったといえる。

 相手は長年、国家をあげて情報を操作してきたプロである。気がついたらいつの間にか金委員長はいい人になり、北朝鮮の思うがまま…、なんてことがないようにと願うばかりだ。

 米朝首脳会談では、さらに巧妙な印象操作のトリックが仕掛けられているだろう。トランプ大統領は果たして大丈夫なのだろうか?

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  6. 6

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    豊洲市場 なぜクラスター認めぬ?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。