記事

セクハラ糾弾イデオロギーの次の標的

東京新聞はセクハラ糾弾をイデオロギーとして推進するので、今朝の記事ではついにキャバクラでもセクハラはダメだと言い始めた。

痴漢的行為を否定するのはまだ分かるが、キャバクラでセクハラ発言をNGにしたら、客足は圧倒的に遠のくだろう。

そもそも品行方正な男はキャバクラには行かない。
キャバクラに行く男は、女の色気を期待して行くんだろうから、キャバクラ嬢はプロとして男のセクハラをいかにさりげなくかわして、それでも色気で惑わせるテクニックを駆使するかで、生計を成り立たせているはずである。

セクハラ糾弾はイデオロギーだから、キャバクラならセクハラ発言は許されるとは言うまい。
東京新聞も「男性癒しシステム再考を」と書いている。
癒されないキャバクラに誰が行くか!

セクハラ糾弾イデオロギーの革命運動を放っておけば、将来、120万人のキャバクラ嬢が失業することになる。
中には学費を払うためにバイトでやってる娘もいようが、学校に行くことも断念せざるを得まい。

女が女の首を絞めてでも爆走する、それがセクハラ糾弾イデオロギーである。
セクハラをなくすには、イデオロギーで急進的に暴走してはならない。
誰かを断頭台に上げるような革命運動はダメだ。
イデオロギーではなく、社会常識の浸透として、漸進的に啓蒙していくしかないのである。

あわせて読みたい

「小林よしのり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    ネギで風邪予防?医師がNHKに指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    ルノーが統合要請 日産のお荷物

    舛添要一

  7. 7

    たけし ざんまいと前澤氏は同じ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    元おニャン子新田 NGT騒動で助言

    NEWSポストセブン

  9. 9

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。