記事

モラー米特別検察官、トランプ氏に召喚状送る可能性に言及=関係者

[ニューヨーク 1日 ロイター] - ロシアによる2016年の大統領選への介入疑惑を捜査するモラー特別検察官は、トランプ大統領の個人弁護団と3月に会合を開いた際、トランプ氏が捜査当局の聴取に応じなかった場合に召喚状を送る可能性に言及した。元弁護団トップのジョン・ダウド氏が1日、明らかにした。

ダウド氏はまた、ロイターに対し、3月初旬の会合で自身が捜査官らに「これはゲームなんかじゃない。米大統領を愚弄している」と反論したことを明かした。ダウド氏はこの会合の約2週間後に大統領の弁護士を辞任した。

米紙ワシントンポストは先に、事情に詳しい関係者4人の話として、モラー氏の召喚状に関する発言を伝えた。同紙によると、トランプ大統領の弁護団は、大統領が連邦捜査官の聴取を受ける義務はないと主張。これに応じる形で、モラー氏は召喚状に言及したという。

報道によると、モラー氏率いる捜査チームは、トランプ大統領に対する質問のさらなる詳細を弁護団に示すことで合意。提供された情報を基に、弁護団のジェイ・セクロウ氏が49の想定質問を作成した。

米紙ニューヨ-ク・タイムズは4月30日にこの質問リストについて最初に報じており、トランプ大統領は1日、質問がメディアにリークされたことを批判した。

セクロウ氏は1日夜ロイターに「特別検察官側と行ったあるいは行ったかもしれない会話については話さない」と述べた。

モラー氏のスポークスマンはコメントを控えた。

*写真を更新しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。