記事

皇位継承の儀式に女性閣僚は参加し女性皇族は加われぬ理由


【昭和から平成の「即位礼正殿の儀」(時事通信フォト)】

 2019年5月1日、新天皇が最初に臨むのが皇位継承の証を引き継ぐ「剣璽等承継の儀」だ。古事記や日本書紀にも登場する歴代天皇に伝わる三種の神器のうち剣と勾玉、公務で使用される天皇の印の御璽、国の印の国璽が新天皇に引き継がれる。

 1989年1月7日、今上天皇が即位した際に初めて憲法が定める国事行為として執り行なわれた。この時は男性皇族のほか、竹下登首相(当時)や閣僚、最高裁長官らが参列。全員男性だった。

 今回、政府は女性閣僚の参列を認める方向で検討を進めている。自民党関係者が言う。

「『剣璽等承継の儀』には、皇位継承権のない女性皇族は入れないことになっている。しかし儀式の模様は各国のメディアによって世界中に報道される。女性の参列者の姿がないと“女性蔑視の後進国”と評価されかねないため、女性閣僚のみ認める形をとった」

 しかし、この「考え方自体がおかしい」というのは、皇室制度が専門の静岡福祉大学名誉教授の小田部雄次氏である。

「明治時代の旧皇室典範に男系・男子による皇位継承が明記されて以降、皇位継承の儀式である『剣璽等承継の儀』には皇位継承権のある男性皇族しか参列していません。しかし、これは慣例に過ぎず、女性皇族が参列してはいけないと皇室典範に書かれているわけではありません」

 小田部氏によれば、“女性閣僚はOKで女性皇族はダメ”という正当な根拠はなく、女性天皇の話に過敏に反応する政府の姿には「違和感を覚える」という。実際、宮内庁でも政府方針に対して懐疑的な見方が多いという。

「天皇陛下は唯一無二の存在ですが、女性も含む家族・親族が支えてこそ皇室の永続は保証される。女性皇族の参列は、国民とともにある開かれた皇室を披露するいい機会と捉えている職員は少なくない」(宮内庁関係者)

 その後に行なわれる「即位後朝見の儀」には女性皇族も参列する。この儀式は、新天皇が公式に三権の長をはじめとする国民の代表者と面会する儀式だ。

※週刊ポスト2018年5月4・11日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  9. 9

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。