記事

金正恩は本気か?迫る米朝首脳会談

1/2
画像を見る

写真)会談する北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長と韓国文在寅大統領
出典) 韓国大統領府

宮家邦彦(立命館大学 客員教授・外交政策研究所代表)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー 2018#18 2018年4月30日-5月6日

【まとめ】

・南北首脳会談は単なる見世物にすぎない。

・北朝鮮が核兵器を放棄するとは思えない。

・米朝首脳会談での金正恩の発言が今後の朝鮮半島を決める。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39736でお読みください。】

 南北首脳会談は”Another Korean Kabuki Play”だとJapan Timesの英語コラムに書く予定だ。失礼があればお許し頂きたい。古い台本と大袈裟な仕草という伝統と外連味が売りだが、内容的には新味のないextravaganza。英語の「カブキ」に過ぎないという視点なのだが、正直なところ、現在の北朝鮮の意図を読むのは意外に難しい。

 ここで視点の持ち方を間違えると全体が見えなくなる。歴史の大きな流れを見る直観に頼るか、それとも、これまでの経験に頼るかの選択だ。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。強いて言えば、我々は今、1989年の「ベルリンの壁崩壊」を見ているのか、それとも2011年の「エジプト革命」を見ているのか、のどちらなのか。

画像を見る
写真)ブランデンブルク門近くのベルリンの壁に登る東西ベルリン市民(1989年11月10日)
出典)パブリックドメイン

画像を見る
写真)2011年1月25日、最初の大規模デモにおいて大統領退陣を求め行進するデモ隊。(エジプト ギーザ)
出典)パブリックドメイン

 1989年の際は社会主義が終焉していくことをある程度確信できた。これに対しエジプトの場合は、あの種の革命は失敗するという直感が働いた。現在の北朝鮮はどちらなのだろう。東独の政権は弱体化し壁の崩壊を阻止できなかったが、エジプトの国軍は国民を敵に回さず、ムスリム同胞団の弱体化を待って反革命に成功した。

 結論から言えば、今の北朝鮮はそのどちらでもない。これまでの経験からすれば、北朝鮮が核兵器を放棄するとは思えない。祖父の時代から、危機の際はいつもの「欺瞞」で乗り切ろうと考えると見るのが常道だ。だが、もし金正恩が若いゴルバチョフだったらどうか。しかし、彼が本当にゴルバチョフであれば、実は答えは簡単である。

 もし金正恩が本当に生き残りを望み、北朝鮮型の「改革開放」を主導して苦境を切り抜けようとするなら、彼が本当に核開発計画を放棄する可能性がある。そうであれば、逆に北朝鮮には最大の圧力をかけ続けるべきだ。金正恩が本気なら、如何なる犠牲を払っても、最後は核兵器計画の放棄を選択する以外、彼に方途はないからだ。

 南北の合意を調べていたら、最も古い例で1972年7月4日というのがあった。その次は1991年12月。これらの南北合意がニクソン訪中の5カ月後と、ソ連解体の13日前に当たっているのは決して偶然ではなかろう。過去の南北首脳会談は北朝鮮主導というより、韓国のリベラル派による確信犯的政策変更が多かったが、今回はどうか。

 いずれにせよ、4週間以内にも開かれる米朝首脳会談での金正恩の発言が今後の朝鮮半島を決める。韓国大統領に続いてトランプ氏までが「前のめり」にならないよう気を付けて欲しいと思うが、万一、金正恩が予想に反して「本気」である場合のことも考えておく必要がありそうだ。この場合、日本の対アジア政策は根本的再検討となる。

あわせて読みたい

「南北首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  2. 2

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  3. 3

    杏と東出昌大おしどり夫婦が別居

    文春オンライン

  4. 4

    タモリが絶賛するオザケンの歌詞

    メディアゴン

  5. 5

    ドコモ以外も 隠語で客をカモに

    NEWSポストセブン

  6. 6

    お家芸? 品格ない野党会談に呆れ

    文春オンライン

  7. 7

    東京五輪での旭日旗使用に賛否

    AbemaTIMES

  8. 8

    木下優樹菜と疑惑 乾貴士を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    トランプ氏 新型肺炎対策を言明

    ロイター

  10. 10

    三田友梨佳アナ 一般男性と結婚

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。