記事

特定複合観光施設区域整備法(IR法)法案の内容はギッシリ?!違法カジノへの対応も必要では。

4/4

第二節 申告及び徴収

第9章 国庫納付金及び認定都道府県等納付金

第一節 国庫納付金及び認定都道府県等納付金の納付等

第192条 (国庫納付金の納付等)
カジノ事業者は、政令で定めるところにより、各月ごとに、第一号に掲げる額と第二号に掲げる額の合計額を、その翌月の政令で定める日までに国に納付しなければならない。
一 イに掲げる額からロに掲げる額を減じて得た額とハに掲げる額の合計額(「カジノ行為粗収益」)の100分の15に相当する額
イ 当該カジノ事業者が当該各月に顧客から交付等を受けたチップの価額の 総額
ロ 当該カジノ事業者が当該各月に顧客に対して交付等をしたチップの価額の総額
ハ 当該カジノ事業者が当該各月に行わせた顧客相互間のカジノ行為により得られた利益に相当する額
二 カジノ管理委員会が行うカジノ施設に関する秩序の維持及び安全の確保を図るための必要かつ合理的な施策に要する費用のうち当該カジノ事業者に負担させることが相当なものの額としてカジノ管理委員会が定める額

第193条 (認定都道府県等納付金の納付等)
カジノ事業者は、認定都道府県等に納付する納付金として、政令で定めるところにより、各月ごとに、当該月のカジノ行為粗収益の100分の15に相当する額を、その翌月の政令で定める日までに国に納付しなければならない。

⇒ 国と都道府県あわせて、カジノ行為粗収益の30%を徴収します。

第二節 申告及び徴収

第10章 カジノ事業者等の監督

第11章 カジノ管理委員会

第213条(設置)
内閣府設置法第49条第3項の規定に基づいて、カジノ管理委員会を置く。
2 カジノ管理委員会は、内閣総理大臣の所轄に属する。

第214条 (任務)
カジノ管理委員会は、カジノ施設の設置及び運営に関する秩序の維持及び安全の確保を図ることを任務とする。

第215条(所掌事務)
カジノ管理委員会は、前条の任務を達成するため、次に掲げる事務をつかさどる。
一 カジノ事業の監督に関すること。
二 カジノ施設供用事業の監督に関すること。
三 カジノ関連機器等製造業等の監督に関すること。
四 カジノ施設の適正な利用に関すること。
五 前各号に掲げる事務を行うために必要な調査及び研究に関すること。
六 所掌事務に係る国際協力に関すること。
七 前各号に掲げるもののほか、法律に基づきカジノ管理委員会に属させられた事務

⇒ カジノ管理委員会は、カジノのみに関与するのであって、ほかのギャンブルには関与しないことがわかります。

第12章 雑則

第231条 (国庫納付金の観光の振興に関する施策等に必要な経費への充当)
政府は、第192条第1項に規定する国庫納付金の額に相当する金額を、観光の振興に関する施策、地域経済の振興に関する施策その他の第一条の目的及び第三条の国の責務を達成するための施策並びに社会福祉の増進及び文化芸術の振興に関する施策に必要な経費に充てるものとする。

第232条 (認定都道府県等納付金の観光の振興に関する施策等に必要な経費への充当)
認定都道府県等は、第193条第1項に規定する認定都道府県等納付金の額に相当する金額を、観光の振興に関する施策、地域経済の振興に関する施策その他の第一条の目的及び第四条の地方公共団体の責務を達成するための施策並びに社会福祉の増進及び文化芸術の振興に関する施策に必要な経費に充てるものとする。

⇒ ギャンブル依存症対策への財源とはならないようです。

第13章 罰則

画像を見る
写真は韓国のカンウォンランドのカジノ

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  2. 2

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  3. 3

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  5. 5

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  8. 8

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    「殺してやる」辻元議員に脅迫文

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。