記事

「いつか大勝ちすれば楽になる」はギャンブル依存症の典型例

1/2

【ギャンブルによる多重債務で自殺者も】


【「ギャンブル依存症問題を考える会」の田中紀子代表】


【もはや国民病ともいえるギャンブル依存症】

 いよいよ日本でも“カジノ解禁”が現実味を帯びてきたが、華やかなリゾート施設(カジノも含めた統合型リゾート=IR)の建設や、カジノによる経済効果を期待する声が高まる一方で、「ギャンブル依存症」という負の側面が蔑ろにされつつある。

 こうした状況に危機感を訴え続けているのが、「ギャンブル依存症問題を考える会(一般社団法人)」代表の田中紀子氏だ。祖父、父、夫、そして自らもあらゆるギャンブルにのめり込み、多額の借金で首が回らなくなった過去を持つ。たとえ日常生活が破綻しても決してやめられないギャンブル依存症の恐怖について、自身の経験も交えて語ってもらった。

──ギャンブル依存症とは、どのような状態になることを指すのか。

田中:簡単にいうと、ギャンブルをすることによって、快感などを得る頭の中の神経伝達物質(ドーパミン)が過剰に反応し、「もっとギャンブルをやりたい」とか「やめたいけれどやめられない」と自分の行動をコントロールできなくなる病的状態のことをいいます。

 それは日常生活に支障をきたすレベルになっても治まることはありません。私の経験値でいえば、自分で返せないほどの借金を繰り返し、誰かに何度も尻拭いを頼むようになったら立派なギャンブル依存症です。

──ということは、自分の持ち金の範囲内でギャンブルを楽しむ分には、いくら使っても依存症ではないのか。

田中:たとえば芸能人でも大金をつぎ込むギャンブラーはたくさんいますが、自分の稼ぎの範囲内で賭けているなら、それは依存症とはいわないでしょう。でも、会社の金をギャンブルに注ぎ込み、巨額の借り入れまでしていた大王製紙の井川意高・前会長のような人は完全に依存症です。

 井川さん自身も告白していますが、「ギャンブルで負けた金はギャンブルで必ず取り戻す」と考える人は、典型的な依存症者です。スクリーニング検査をして一般の人との差が顕著に表れるのもそこです。

──依存症でなくても、負けた分は取り返したいと思う人は多いのでは?

田中:誰もがそう思っているわけではなく、負けても仕方ないと他の事に気持ちを切り替えられる人は多い。「絶対に取り返してやる!」と一点に熱くなってしまうタイプは要注意です。

 上手に依存できる趣味や楽しみがある人たちは幸せです。でも、依存症の人たちは依存していくことが下手な人たち。私も発症する前は、バブル世代なので踊りに行ったり、カラオケや温泉に行ったり……意外に裁縫も好きで、いろんな物を作ったりとかしていたのですが、依存症になって濃厚にギャンブルにはまった日から、他のものに依存できなくなってしまったんです。

──そもそもギャンブル依存症になりやすいタイプや性格などはあるのか。

田中:依存症問題を考える会を発足して以降、いろんな人を見てきましたけど、結果的にこういうタイプが依存症になるという共通点はありません。人によって置かれている環境も違いますしね。

 ただ、たとえば日常生活に何の不満もなく、仕事が順調だったとしても、何かの拍子にパワハラ上司と仕事をすることになったり、不本意な部署に異動させられたり、閑職に追いやられたりすることはありますよね。そうしたストレスを抱えたときにギャンブルが入り込んでくると依存症になりやすいとはいえるでしょうね。

 そこまでストレスがなくても、長年やっていた習い事を卒業したとか、地方転勤や定年退職で時間が空いたとか、環境の変化によってもなりやすい。つまり、誰の心にでも入り込んでしまう恐れがあるのです。

──田中さんの場合、OL時代の仕事は順調で忙しく、稼ぎも良かったそうだが、それでも依存症になってしまったのはなぜか。

田中:夫が大のギャンブル好きだったということもありますが、もともと私は代々ギャンブル好きの家系で育ち、常に賭け事が身近な環境にあったので、遺伝的な要素も関係していると思います。アメリカではギャンブル依存症の遺伝子が発見されたという話もありますしね。

 ただ、ギャンブルによる借金で貧困になり、両親が離婚したりする中で、「お前がいると金がかかる」と言われたり、そんなダメ人間にならないようにと、母親から過剰な期待をかけられることで、常に生きづらさを感じ、ずっと自分に自信が持てずにいました。

 そんな時、ギャンブル場に行くことで現実を忘れられました。競艇や競輪場に行けば、自分よりももっとひどいダメ人間がたくさんいる(笑い)。でも、そんな人たちと会話をしているとなぜかホッとして、とても居心地がよかったんです。自分の居場所はここしかないとさえ思いました。

──いちばんギャンブルにのめり込んでいた時代の借金額はどのくらいか。

田中:海外のカジノなどに行くと使う金額も多いので、一晩で200万円近く負けたこともありましたよ。

 OL時代にコツコツ溜めていた預貯金や保険のお金もすべて崩して借金の返済に充てたりもしていたので総額は何ともいえませんが、私の借金は700万~800万円はあったと思います。夫にいたっては合計1500万円近く借金を抱えていたこともあります。それでも2人ともギャンブルはやめられず、しまいには夫婦で購入した家も売却していましたからね。そんな苦しい日々が10年続きました。

 借金を返すためのダブルワーク、トリプルワークは当たり前。働けど働けど一向に楽にならない生活に、いったい何をやっているんだろうという気持ちで一杯でした。

──そこまで生活がボロボロになっても、まだギャンブルで大勝ちすれば借金も取り戻せると考えていたのか。

田中:すべての借金をコツコツ返していくしかないという現実がどうしても受け入れられず、ただただ恐怖しかありませんでした。いつか大勝ちしてラクになるまでギャンブルをやり続けるしかない。歯を食いしばってでもギャンブルをやろうと(笑い)

あわせて読みたい

「ギャンブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  6. 6

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。